サウジアラビアの政府系ファンドPIF、任天堂株式を買い増しで保有率6.07%に

 サウジアラビアの政府系ファンド、パブリック・インベストメント・ファンド(Public Investment Fund/PIF)が任天堂株式の買い増しを実施したことが、1月12日に関東財務局へ提出された変更報告書を通じて明らかとなった。

 PIF は2022年5月、提出した大量保有報告書によって、任天堂の株式5.01%を保有していることを報告していた(関連記事)。

 そして今回の変更報告書によると、任天堂株式の保有比率は5.01%から6.07%へと上昇。報告義務の発生日は4日で、保有目的は引き続き「純投資」と記載している。なお、PIFはほかにカプコンにおける6.09%、コーエーテクモホールディングスの5.03%、ネクソンの9.14%株式を保有している。

 サウジアラビアは近年、「2030年までにサウジアラビアをゲームとesportsの分野における究極のグローバルハブとすることを目指す」として、ゲーム・esports分野への長期的な投資戦略を公開。大手ゲームパブリッシャーへの投資も計画の一部に含まれている。

【関連記事】
サウジアラビア、ゲーム・esports分野への投資戦略を発表 国内に250のゲーム会社を設立し、39,000人の雇用を創出へ

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

2周年記念施策により『ブルーアーカイブ』がAppStoreのセールスランキング1位を初めて達成

1月24日のメンテナンス後から、2周年を記念した施策を展開。最高レアリティのキャラクターが確定で入手できるパッケージなどを販売している。

『Among Us VR』が発売から10週間で累計販売本数100万本を突破 統計データも公開

世界122カ国のユーザーが『Among Us VR』をプレイ。試合は累計400万回以上行われ、1日平均44,000試合が開催されている。

Stay Connected

TOP STORIES