『ブルーアーカイブ』TVアニメの制作が決定 節目となる2周年のタイミングでゲーム内の盛り上げも加速

 Yostarは1月22日、同社のiOS/Android向けタイトル『ブルーアーカイブ -Blue Archive-』を原作とするTVアニメ「ブルーアーカイブ The Animation」の制作を発表した。

 あわせて公式サイトをオープンし、ティザービジュアルを公開した。内容の詳細については今後、公式サイトで明らかにしていくとのこと。

 
 

 『ブルーアーカイブ』は、数多の学園が連邦を形成する超巨大学園都市「キヴォトス」を舞台に、連邦捜査部「シャーレ」の担当顧問として赴任したプレイヤーは学園で起こるトラブルの解決に奔走することとなる。

 

 TVアニメ化の発表は、節目となる2周年記念イベント「ブルアカらいぶ!せかんどあにばSP!」の中で行われた。同時にゲーム内ではメインストーリーの「最終編」がスタートしており、公開された最新PVは執筆時点で100万回再生を超えるなど熱狂度の高さがうかがえる状況。今後、メディアミックス施策によって更なる盛り上げも期待される。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

2周年記念施策により『ブルーアーカイブ』がAppStoreのセールスランキング1位を初めて達成

1月24日のメンテナンス後から、2周年を記念した施策を展開。最高レアリティのキャラクターが確定で入手できるパッケージなどを販売している。

『Among Us VR』が発売から10週間で累計販売本数100万本を突破 統計データも公開

世界122カ国のユーザーが『Among Us VR』をプレイ。試合は累計400万回以上行われ、1日平均44,000試合が開催されている。

Stay Connected

TOP STORIES