カバーが内閣府「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」に参画

    

 Vtuber事務所「ホロライブプロダクション」を運営するカバーは、SDGs(持続可能な開発のための目標)を推進するため、内閣府によって設置した「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」へ参画したことを発表した。

 「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」とは、SDGsの国内実施を促進し、より一層の地方創生につなげることを目的に、広範なステークホルダーとのパートナーシップを深める官民連携の場として、内閣府によって設置された官民連携プラットフォーム。

 ​​地方創生SDGs官民連携プラットフォーム:https://future-city.go.jp/platform/

   

 参画に際して、カバーは以下のようにコメントを寄せている。

  

当社の地方創生取り組みについて

これまで当社では、経済産業省委託事業「FUKKOツイート旅」をはじめ、ホロライブ×伊豆旅行の企画「ホロ伊豆ム」や、明利酒類(茨城県水戸市)とのオリジナル日本酒の開発など、地方創生に繋がる取り組みを実施してまいりました。今後もオンラインコンテンツの特性を生かした、コロナ禍における地方創生を進めてまいります。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部
PickUPs!編集部https://pickups.jp/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

PickUP !

Related Articles

pixiv、運用型広告を簡単に出稿できる「pixiv Ads」提供開始 エンタメ系商材に特化した広告プラットフォーム

pixiv Adsは、特に電子書籍やゲームなどの案件との高い親和性を発揮しており、エンタメ系商材において優れた広告効果が期待できるという。

Stay Connected

TOP STORIES