『けものフレンズ3』の運営主体がセガからアピリッツに変更

 セガは、アプリ版『けものフレンズ3』(iOS/Android/Windows)の運営主体を、2021年8月1日(日)からアピリッツに変更することを発表した。

  所持しているフレンズや、キラキラなどのすべてのゲーム内アイテムは、引き続きゲーム内で利用でき、これまでと変わらずプレイできることがアナウンスされている。

   

<以下、プレスリリースより引用>

 この度、弊社、株式会社セガが提供しております『けものフレンズ3』(iOS/Android/Windows)につきまして、8月1日(日)より株式会社アピリッツ(以下、アピリッツ)が主体となって運営を行うことになりました。

  8月1日(運営主体変更日)以降はアップデートを行い、新たな利用規約等にご同意いただく必要がございますが、お客様のアカウントが所持されているフレンズや、キラキラなどのすべてのゲーム内アイテムは、引き続きゲーム内にてご利用いただけます。 

 具体的な当日スケジュールを含む詳細につきましては、7月上旬を目処にあらためてお知らせにてご案内いたします。

※予期せぬ事情により日程が変更になる場合がございます。日程に変更が生じた場合は改めてお知らせいたします。 

 この度の運営体制の変更にあたりお客様にはお手数をおかけいたしますが、本タイトルはこれからも変わらずにお楽しみいただけます。 

 今後とも『けものフレンズ3』をよろしくお願いいたします。

 


 そのほか、運営チームからの挨拶は以下のリンク(お知らせページ)から確認できる。

【関連リンク】
https://kemono-friends.sega.jp/info/detail/005797pRfC7IXI.html

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部
PickUPs!編集部https://pickups.jp/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

PickUP !

Related Articles

pixiv、運用型広告を簡単に出稿できる「pixiv Ads」提供開始 エンタメ系商材に特化した広告プラットフォーム

pixiv Adsは、特に電子書籍やゲームなどの案件との高い親和性を発揮しており、エンタメ系商材において優れた広告効果が期待できるという。

Stay Connected

TOP STORIES