アニメ『鬼滅の刃』我妻善逸デザインのスマホトイが10月21日(木)発売決定

<以下、プレスリリースより>

累計販売台数160万台以上販売している「スマホトイ」シリーズを手がける、株式会社セガトイズ(本社:東京都品川区、社長:宮崎 奈緒子、以下セガトイズ)は、アニメ「鬼滅の刃」に登場する鬼殺隊士「我妻善逸」仕様の『鬼滅の刃PODイエロー』を、10月21日(木)に発売することを決定しました。『鬼滅の刃PODイエロー』は、セガトイズの公式通販サイト「セガトイズ.com」の限定商品です。​

 

セガトイズ公式通販でしか手に入らない3000台限定の『鬼滅の刃PODイエロー』

累計販売台数160万台を誇るセガトイズのスマホトイシリーズは、お子さまが自分専用のスマートフォンを持ちたいという思いを、親の目から離れても安心して叶えられるよう開発し、好評を得ているデジタル玩具です。主人公の炭治郎と同期の鬼殺隊士で雷の呼吸の使い手の我妻善逸のモチーフカラーである黄色を纏った『鬼滅の刃PODイエロー』を、セガトイズの公式通販サイト「セガトイズ.com」で3000台の数量限定にて販売します。『鬼滅の刃PODイエロー』には、限定待ち受け画面、我妻善逸とツーショットが撮影可能なフォトフレームがダウンロードできる限定のカードを封入しています。大好きなキャラクターの限定スマホトイを所有する歓びをお楽しみいただけます。

  • 遊びも学びも全集中!搭載アプリは40種以上

本物のスマートフォンのようにカメラ、電話、メール、SNSを疑似体験できるアプリ等を40種以上内蔵。イン/アウト2つのカメラと顔認識機能で写真やムービーも充実。アプリの中には「国語」「算数」「英語」「プログラミング思考」を学べる学習アプリも収録しています。また、3軸センサーを使い画面内のキャラクターを動かしてミッションクリアを目指すアクションゲームや、タッチペンを剣に見立てフリックで切る動作を再現した「はんだんくんれん」など、10種類以上のゲームも収録しました。ゲームやがくしゅうアプリをクリアするとふくびきが回せ、フォトフレームやデコスタンプなどが手に入ります。ふくびきでアイテムを増やすことで鬼殺隊士としてのランクが上がり、新しいアプリが解放するなど、やり込みの要素も満載です。

  • アニメ「鬼滅の刃」のキャラボイス・効果音など190種類以上のサウンドを収録

『鬼滅の刃POD』には、アニメ「鬼滅の刃」に登場するキャラクター42名の音声を収録しました。「オレが来るまでよくこらえた あとは任せろ」や、劇場版「無限列車編」の名シーン「…では素晴らしい提案をしよう お前も鬼にならないか?」など、主要キャラクターだけではなく、主人公たちの行く手を阻む鬼のセリフも収録しています。自分だけのスマートフォンを所有できる歓びと、遊びながら学ぶこともできる『鬼滅の刃POD』で今まで体験したことのない毎日をお楽しみいただけます。

 

商品情報

■商品名:鬼滅の刃POD(イエロー)
■同梱内容:本体×1、タッチペン×1、取扱説明書×1、限定カード×1
■商品サイズ:幅68×高121×奥23mm
■素材:ABS・PET・PC・PMMA・シリコン・ナイロン(PA)
■連続使用時間:約4時間
■使用電池:単4×4本(別売)
■対象年齢:6才以上
■価格:10,780円(税込)
■発売日:2021年10月21日(木)
■販売流通:セガトイズ.com(https://segatoys.com/
商品詳細ページ https://www.segatoys.co.jp/kimetsu/

Ⓒ吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部https://pickups.jp/membership-join/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。 読者会員に登録すると、無料ですべての記事をご覧いただけます。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

PickUP!

『DQけしケシ!』を機に振り返るドラクエと文房具の意外な関係性。90年代にブームを起こした「バトルえんぴつ」を回顧

鉛筆やキャップ、消しゴム、下敷きといった様々な文房具を活用して遊ぶ「バトルえんぴつ」。通常の鉛筆の4倍程度の大きさを持つ“キングバトルえんぴつ”も登場した。

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES