ウェビナー「アプリ収益化最前線〜アプリ内入札を解説〜」2月24日開催。コロプラやVungleらが登壇し事例を解説

 Vungleは、ironSource社と共同で「アプリ収益化最前線〜アプリ内入札を解説〜」をテーマにしたウェビナーを2月24日(木)に開催することを発表した。

 アプリの収益化において、アプリ内広告は有効な手段の1つとして、ジャンルを問わず積極的な導入が進んでいる。従来は、ウォーターフォールによる配信が主流であったものの、現在はアプリ内入札(アプリ内ビディング)により、これまでの課題を解決し、煩雑な最適化運用のリソースを節約しつつ、収益性を向上させることができるようになったという。

 今回のウェビナーでは、ironSourceとLiftoff + Vungle が両社のアプリ内入札の基本的な仕組み、ベストプラクティス、関連製品の最新情報を解説する。また、コロプラより角田 達氏を招いて、同社におけるアプリ内入札の活用やマネタイズ戦略についても語られるとのこと。

アプリ収益化に取り組むデベロッパー、パブリッシャーの皆様はぜひご参加ください。

イベント概要

■名称 :アプリ収益化最前線〜アプリ内入札を解説〜
■日時 :2022年2月24日(木)15:00〜16:15
■会場 :ウェビナー(Zoom)
■対象 :アプリパブリッシャーの方々
■お申込ページ:https://bit.ly/3AVxCpZ
■参加費 :無料
■主催 :Vungle 株式会社、ironSource Japan合同会社
■登壇 :
株式会社コロプラ 事業横断部 事業管理グループ 角田 達 氏
ironSource Japan合同会社 ゼネラルマネージャー 峯 秀一郎 氏
株式会社Vungle Account Executive 杉山 真理 氏

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部
PickUPs!編集部https://pickups.jp/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

PickUP !

Related Articles

2周年記念施策により『ブルーアーカイブ』がAppStoreのセールスランキング1位を初めて達成

1月24日のメンテナンス後から、2周年を記念した施策を展開。最高レアリティのキャラクターが確定で入手できるパッケージなどを販売している。

『Among Us VR』が発売から10週間で累計販売本数100万本を突破 統計データも公開

世界122カ国のユーザーが『Among Us VR』をプレイ。試合は累計400万回以上行われ、1日平均44,000試合が開催されている。

Stay Connected

TOP STORIES