コナミの『プロスピA』2021年1月 の売上高は約119億円 世界の売上TOP10にランクイン

▲画像はSensor Tower「Top Grossing Mobile Games Worldwide for January 2021」より

 アメリカの調査会社Sensor Towerは、2021年2月17日、同社のブログにおいて「2021年1月 世界のモバイルゲーム売上高トップ」を公開した。

 2021年1月の売上トップはテンセントの『Honor of Kings』で、プレイヤーの支出額は2億6,730万ドル(調査時点のレートで計算 – 約283億円)で、2020年1月から22%近くの伸びを記録。『Honor of Kings』の収益の約97%は中国からのもので、次いでタイからのものが1%となっている。

 2位にランクインした同じくテンセントの『PUBG Mobile』は、2021年1月の総収入が2億5,900万ドル(約274億円)を超え、2020年1月から26%の伸びを示した。『PUBG Mobile』の収益の約60%は中国とそのローカライズ版である『Game For Peace』からのもので、次いで米国からのものが9.8%を占めている。

 3位以降は、ソニー(アニプレックス)の『Fate/Grand Order』、miHoYoの『原神』、Roblox Corporationの『Roblox』が続いている。

 2020年9月にリリースされた『原神』は、現在も世界的に大ヒットしている。1月には1億5,340万ドル(約162億円)の売り上げを記録し、なかでも日本市場におけるプレイヤーは収益の約33%を占めた。次いで中国が25.7%、米国が17.4%と続いている。『原神』は全世界で成功を収めているが、全売上の74.2%はアジアからのものとなる。

 他方、コナミの『プロ野球スピリッツA』が全体の8位にランクインし、見事TOP10入りを果たした。同作は、2020年1月から3倍以上の1億1,250万ドル(約119億円)の収益となり、過去最高の月間売上となった。2021年1月31日までの累計売上高は13億ドル(約1,376億円)に達しており、当然、その内訳はすべて日本市場からとなる。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部https://pickups.jp/membership-join/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。 読者会員に登録すると、無料ですべての記事をご覧いただけます。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

Related Articles

Riot Gamesのスマホ向けゲームの売上高が1億ドル突破

『Wild Rift』が売上をけん引。『League of Legends』を代表する同シリーズは、PCからスマートデバイスに舞台を移してもその存在感を示す。

21年第2四半期、日本のセールス&DLランキング首位は『ウマ娘』 推定売上額は約398億円

【Sensor Tower調査】首位の『ウマ娘』の売上は、3億6,100万ドル(約398億円)を超え、2021年第1四半期から129.6%の成長を記録した。

米国のモバイルアクションゲームの売上は2021年上半期に倍増 『原神』が牽引

【Sensor Tower調査】米国のスマホ向けアクションゲームジャンルの売上が前年同期比103.8%増の4億3,570万ドル(約479億円)となり、最も急速に増加したジャンルとなった

Stay Connected

Latest Articles