LATEST ARTICLES

アカツキがeスポーツ実業団を発足。競技と業務のバランス、そして選手キャリアを考えた取り組みに

プロプレイヤーの活動だけで生活しているのは2割も満たない。国内eスポーツ市場と選手活動の課題を打破すべく、アカツキが動いた。その発表会の模様を伝える。

突然のユーザー離脱からV字回復を成し遂げた理由…『逆転オセロニア』の実践例

運営側の姿勢、コアユーザー減少の影響、炎上後の対応など、「ゲーム運営」の知見が詰まった数々のエピソードを告白。4年目の『逆転オセロニア』でなにが起こったのか?

3つのローカライズ注意点や昨今のプロモ施策等にも言及。Yostar、2020年の展望

 設立間もない企業が、レッドオーシャンのスマホゲームアプリ市場において、海外発のオリジナルタイトルを“2本も”ヒットさせた。そして新作『アークナイツ』のリリースを控えるが、Yostarが掲げる2020年の展望は。

人材育成・組織改善の貢献も。カジュアルゲーム開発スタジオを設立したアカツキの想い

 少数精鋭で1ヵ月に1本ペースを実現しているアカツキのカジュアルゲーム開発スタジオ。Pay to Winのゲーム性、ソーシャルゲーム特有の足し算型の企画からの脱却を図るほか、さまざまな恩恵も。

スタジオヘッド塩川の創遊話 第6回「FGO Memories Ⅱ 概念礼装画集 1.5部 2017.01-2018.04」プロデューサー

 ディライトワークスの新スタジオ SWALLOWTAIL Studios でスタジオヘッドを務める塩川洋介さんが、社内外のクリエイターにインタビューする「スタジオヘッド塩川の創遊話」。PickUPs!では本企画の取材・編集を担当。

『Ash Tale~風の大陸~』 レッドオーシャンで戦略スキーマを磨き上げる

 海外発のオリジナルMMORPG『Ash Tale~風の大陸~』はなぜヒットしたのか。今回のケースで成否を分けたのは、異なるスキーマと多くの接点を持ったこと。取材を含む運営・マーケティングの観点から分析した。

Featured Games

megido72

iOS/Android, DeNA

BORDER BREAK

PlayStation4, SEGA

Ash Tale

iOS/Android, X-Legend

GRAND SUMMONERS

iOS/Android, NextNinja