Interviews

突然のユーザー離脱からV字回復を成し遂げた理由…『逆転オセロニア』の実践例

運営側の姿勢、コアユーザー減少の影響、炎上後の対応など、「ゲーム運営」の知見が詰まった数々のエピソードを告白。4年目の『逆転オセロニア』でなにが起こったのか?

人材育成・組織改善の貢献も。カジュアルゲーム開発スタジオを設立したアカツキの想い

 少数精鋭で1ヵ月に1本ペースを実現しているアカツキのカジュアルゲーム開発スタジオ。Pay to Winのゲーム性、ソーシャルゲーム特有の足し算型の企画からの脱却を図るほか、さまざまな恩恵も。

『Ash Tale~風の大陸~』 レッドオーシャンで戦略スキーマを磨き上げる

 海外発のオリジナルMMORPG『Ash Tale~風の大陸~』はなぜヒットしたのか。今回のケースで成否を分けたのは、異なるスキーマと多くの接点を持ったこと。取材を含む運営・マーケティングの観点から分析した。

最強の組織で世界を制す NextNinja 代表 山岸聖幸

 NextNinjaは、スマホ向けRPG『グランドサマナーズ』を運営するゲーム会社。そして、同社の創業者であり、社長を務めるのが山岸聖幸さん(42)。「NextNinjaのゲームだから、超面白い」。臆面も無く語る彼の自信を支えるものとは。

カスタマーサポートは一瞬の友情にある イー・ガーディアン 堤 雄太郎

 長年、ゲーム業界でユーザーを見守り続けている企業、イー・ガーディアン。トラブルを未然に防ぎ、ゲームに問題があれば、いつもユーザーの側で解決に当たってきました。そして、同社で活躍する堤 雄太郎さん(26)の下には、大手ゲーム会社からの相談が絶えません。  ユーザーから寄せられる膨大な件数の問...

難しさを楽しませる「勝算」 メギド72 プロデューサー・宮前公彦

 7月2日が記念日のゲームがあります。株式会社ディー・エヌ・エー(以下、DeNA)のスマートフォン向けオリジナルRPG『メギド72』。Twitterでは多くのファンアートが毎日投稿されており、ファンの熱量は高い。しかし、リリース直後の『メギド72』はプレイヤーの厳しい批判に晒され、セールスも伸び悩...

超巨大プラモデルの美学 BORDER BREAK マーケター・西村ケンサク

 生粋の“セガっ子”が描いた夢は、高さ5メートルの超巨大プラモデルのロボットでした。その奇想天外なアイディアは海を越え、世界的な広告賞「THE ONE SHOW」のMERIT賞を受賞。彼のマーケティング哲学とは。

Related categories

Must read