CATEGORY

Global

『プロジェクトセカイ』欧米・アジアを中心にグローバルでのサービス開始を決定

9月30日に繁体字圏向けのサービス開始を予定し、欧米をはじめ約130の国・地域向けに2021年内、以後、韓国、東南アジア、中国本土向けに順次サービスを展開していく。
00:00:42

NCSOFTの新作MMORPG『ブレイドアンドソウル2』韓国でサービス開始。モバイル等複数プラットフォームで展開

現地韓国のApp Storeでは無料ダウンロードランキングで1位、セールスランキングでTOP5入りを果たすなど、幸先のいいスタートを切っている。

スマホ向けコマンドRPG『この素晴らしい世界に祝福を!ファンタスティックデイズ』をグローバルで配信開始

KADOKAWA及びゲーム開発を手掛けるサムザップとの協業を通じて、ネクソンがパブッシングを行う。

韓国で独走するNCSOFTの悩み。無限競争とPKを軸にする「リネージュ型課金モデル」の功罪

無限競争とPKを軸にする「リネージュ型課金モデル」とは。韓国ゲーム会社もこの戦略を参考にしているが、海外の成功事例はあるのか。

『魔界戦記ディスガイアRPG』繁体字版が配信決定

台湾、香港、マカオ、シンガポール、マレーシアといったアジア地域でも本作が遊べるようになる。配信は2021年8月を予定。

アリババクラウド、日本のゲーム企業の支援に向けて製品・サービスを拡充

今年、リアルタイム処理を支える次世代データウェアハウスの「Hologres」を日本市場に導入したことで、ゲーミング・ソリューションがさらに豊富となった。

​アカツキ、アフリカでのエンタメ市場拡大を睨み投資を実行

投資先となるCarry1stは、アフリカで最有力のモバイルゲーム・パブリッシャー。2018年の創業以来、ゲームスタジオとして蓄積したゲーム開発のノウハウに加え、世界各国のゲームスタジオと連携し、アフリカでのローカライズ、流通、広告、課金などの仕組みを提供するゲームパブリッシャーとしての地位を確立しつつある。

Stay Connected

Latest Articles