ウルトラジャンプで「荒木飛呂彦漫画賞」開催

    

 ウルトラジャンプ編集部は、漫画『ジョジョの奇妙な冒険』で広く知られる荒木飛呂彦先生を審査員に迎え、新たな才能を求める「荒木飛呂彦漫画賞」を開催することを発表した。最大賞金は100万円。大賞作品には本誌への掲載が確約される。

 募集するのは20ページ以上、50ページ以内の漫画作品で、荒木先生のこれまでの作品を象徴するホラーやサスペンス、バトル・アクションだけでなく、どんなテーマの作品でも受け付ける。プロ・アマ問わず、応募時に40歳以下であれば応募可能。ただしオリジナルの未発表原稿に限る。

 応募は郵送、持ち込み、またはWebで受け付け、締め切りは8月31日となる。審査は荒木先生とウルトラジャンプ編集長、編集部スタッフが行い、ウルトラジャンプ11月号(2021年10月19日発売)とウルトラジャンプ公式サイト(同日)にて結果が発表される予定(詳しくは特設サイトへ)。

 特設ページ内では、荒木先生からのコメントも掲載。「個人的にはブッ飛んだ発想の漫画を期待(一部抜粋)」と想いを寄せている。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部https://pickups.jp/membership-join/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。 読者会員に登録すると、無料ですべての記事をご覧いただけます。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

Related Articles

『週刊ファミ通』創刊35周年&通巻1700号を突破 7/21に記念特大号を発売

記念特大号では、6大スペシャル特集として、ゲームメーカーVIPインタビューや、ファミ通ゆかりのマンガ家たちによる祝賀イラストなど、様々な特別企画が掲載される。

『クレヨンしんちゃん』が「くまもとふっこう応援隊長」に就任

PRでは、しんちゃんとデジタルスタンプラリーが楽しめる専用スマートフォンアプリに加え、ポスターやパンフレット、フォトスポットなどにしんちゃんたちが登場する。

ジョージ・A・ロメロ監督作『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』吹替版制作プロジェクト支援サポーター募集

吹替版には、諏訪部順一さん、土井美加さん、石丸博也さんといった、ロメロ監督の「リビングデッド3部作」の内の2本に出演経験のある豪華実力派声優陣が出演する。

Stay Connected

Latest Articles