映画「モンスターハンター」公開記念 Web ARコンテンツを公開

 アドウェイズは、映画「モンスターハンター」の公開を記念して、Web ARを活用したユーザー体験型コンテンツを公開した。

 専用アプリのインストールの必要はなく、身近な風景の中にアニメーションを駆使したARモンスターを配置し、オリジナル写真や動画を撮影することが可能。スマートフォンで下記のQRコードを読み込むだけで手軽に体験できる。

 なお、撮影した動画をTwitterに投稿すると抽選でオリジナルグッズが当たるキャンペーンが開催中。

 

<以下、プレスリリースより引用>

3月26日より公開の『映画 モンスターハンター』(配給:東宝・東和ピクチャーズ共同配給)のキャンペーン用のARコンテンツ〈Web AR(拡張現実)カメラフィルター技術を活用したユーザー体験型コンテンツ〉をディー・ディー・ウェーブ・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:檜垣 尚虎)によるARデザイン、株式会社アドウェイズ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:岡村 陽久、以下アドウェイズ)によるARシステムで実現しました。

このコンテンツは、専用アプリのインストールの必要はなく、身近な風景の中にアニメーションを駆使したARモンスターを配置し、オリジナル写真や動画を撮影することが可能となります。ユーザーはARを通じて、映画の世界観をよりリアルに体験いただくことができます。

■ARバーチャル体験QRコード(2021年3月31日(水)まで)

この期間だけの今までにないAR体験を是非お楽しみください。
https://monsterhunter-movie.jp/ar/

ARシステムに関するお問合わせ先
株式会社アドウェイズ
担当:大森 空
連絡先:brand_sales@adways.net

アドウェイズグループは、今後も市場のニーズにいち早く対応し、世界各国で効率的且つ実用的な広告マーケティングサービスを提供することで、世界中から「なにこれ すげー こんなのはじめて」と言われるよう、尽力してまいります。

■『映画 モンスターハンター』3月26日(金)公開記念キャンペーン実施中
本キャンペーンでは、AR動画をTwitterに投稿すると、抽選でプレゼントが当たるキャンペーンを実施中です。
詳細は映画公式サイトをご覧ください。
https://monsterhunter-movie.jp/

■『映画 モンスターハンター』について
全世界累計6,600万本超(2020年12月31日現在)の大ヒットゲーム待望のハリウッド実写映画化!大ヒット作『バイオハザード』シリーズのポール・W・S・アンダーソンが監督を務め、アリス役のミラ・ジョヴォヴィッチが主演という最強タッグが帰ってきた! リアルなアクションで革命を起こしたトニー・ジャーや、『ヘルボーイ』シリーズの名優ロン・パールマンに加え、日本からは女優 山崎紘菜が、「受付嬢」役でハリウッド映画進出を果たした。
また、IMAX3Dをはじめとする、特殊フォーマットでの上映も決定。
『映画 モンスターハンター』は2021年3月26日(金)より全国ロードショー。 

Related Articles

Stay Connected

Latest Articles