アカツキのエンターテインメント×テクノロジー特化型ファンド「AET Fund」がインド市場への投資活動を強化

 アカツキは、同社のエンターテインメント×テクノロジー特化型ファンド「AET Fund」において、インド市場にてこれまでに18社への投資を実行、今後さらに同市場への投資を強化していくことを発表した。

 また、インド市場における投資ノウハウ、現地でのリレーションなどを活かし、引き続き積極的な投資活動を行うとともに、IP事業の展開についても新たに準備を開始しているとのこと。

    

<以下、プレスリリースより引用>

アカツキでは、エンターテインメント×テクノロジー特化型ファンドとして2017年10月に「AET Fund」を設立、米国を中心にエンターテインメント領域のスタートアップを対象とし、投資活動を開始いたしました。2018年6月には、それまでの投資実績を活かし、インド市場での投資を開始しております。

人口13億人超を抱え、かつその大半が30歳未満の若年層からなるインド市場は、インターネット産業の急速な成長とともに、エンターテインメント、メディア分野での消費が大きく加速しています。「AET Fund」では、エンターテインメントおよびメディア領域を中心に積極的な投資活動を続けており、これまでに合計18社への投資を実行、そのうち3社がイグジッドしております。

今後は、インド市場における投資ノウハウ、現地でのリレーションなどを活かし、引き続き積極的な投資活動を行うとともに、アカツキとしてインド市場でのIP事業の展開についても新たに準備を進めてまいります。

  

「AET Fund」最近のインド投資先(一部)

直近投資ラウンド
(フォローオンを含む) 
投資先
(所在地) 
事業内容
(主な共同投資家)
2019年12月Wysh
https://thewysh.com/
(Bengaluru) 
Personalized Video
Messages from Celebrities
(Kalaari)
2019年12月GIFSKEY
https://gifskey.com/
(Bengaluru) 
GIF Discovery Platform
(Kalaari)
2020年1月Doubtnut
https://doubtnut.com/
(Gurugram) 
Interactive Online Tutoring App
(Sequoia and Omidyar)
2020年3月Thunderpod
https://www.thunderpod.com/
(Mumbai) 
The Social Health and Fitness Platform
(Y Combinator)
2020年3月Rheo
https://rheo.com/
(Bengaluru) 
Game Streaming Platform
(Sequoia and Lightspeed)
2020年10月BitClass
https://www.bitclass.live/
(Bengaluru)
Live Class PaaS Solution for Teachers
(Waterbridge)
2021年2月Questt
https://questt.com/
(Goa)
School Homework App
(Chiratae)
2021年2月Kutuki
https://www.kutuki.in/
(Bengaluru) 
Kids Learning App for Indian Children
(Omidyar)
2021年4月SuperGaming
https://www.supergaming.com/
(Pune)
 Mobile Game Developer and Publisher
(Dream Incubator)

   

Exit済みインド投資先

Exit時期
(初回投資時期)
 投資先
(所在地)
 事業内容
(主な共同投資家)
2020年11月
(2018年11月)
Mech Mocha
https://www.mechmocha.com/
(Bengaluru) 
Social-gaming Platform
(Accel)
2020年12月
(2018年6月)
StayAbode
https://www.stayabode.com/
(Bengaluru) 
Co-living Spaces
(Incubate Fund)
2021年2月
(2018年8月)
Purplle
https://www.purplle.com/
(Mumbai) 
Online Beauty Store
(Goldman Sachs)

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部https://pickups.jp/membership-join/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。 読者会員に登録すると、無料ですべての記事をご覧いただけます。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

Related Articles

『魔界戦記ディスガイアRPG』繁体字版が配信決定

台湾、香港、マカオ、シンガポール、マレーシアといったアジア地域でも本作が遊べるようになる。配信は2021年8月を予定。

アリババクラウド、日本のゲーム企業の支援に向けて製品・サービスを拡充

今年、リアルタイム処理を支える次世代データウェアハウスの「Hologres」を日本市場に導入したことで、ゲーミング・ソリューションがさらに豊富となった。

​アカツキ、アフリカでのエンタメ市場拡大を睨み投資を実行

投資先となるCarry1stは、アフリカで最有力のモバイルゲーム・パブリッシャー。2018年の創業以来、ゲームスタジオとして蓄積したゲーム開発のノウハウに加え、世界各国のゲームスタジオと連携し、アフリカでのローカライズ、流通、広告、課金などの仕組みを提供するゲームパブリッシャーとしての地位を確立しつつある。

Stay Connected

Latest Articles