Apple Arcadeの配信本数が180本を超える

 Appleは、ゲームサブスクリプションサービス「Apple Arcade」に、2つのゲームカテゴリを新設し、30本以上の魅力的な作品を追加することを発表した。これにより、「Apple Arcade」でプレイできるタイトルの本数は180を超える。

  

 日本発のArcadeオリジナルズとしては『FΛNTΛSIΛN(ファンタジアン)』、『太鼓の達人 Pop Tap Beat』、『World of Demons – 百鬼魔道』、『CLAP HANZ GOLF』などが追加されている。「ファイナルファンタジー」を生み出した坂口博信氏やバンダイナムコエンターテインメント、プラチナゲームズといった日本を代表するクリエイター陣が参入し、より一層の盛り上がりが期待できる。

 そして今回新たに登場するのが「クラシックコレクション」、「App Storeグレイツ」と題された2つの新しいゲームカテゴリ。iPhoneとiPad限定でプレイ可能。 

 「クラシックコレクション」には、時代を超えて愛され、ゲームといえば誰もが思いつくような作品が配信。 『Good Sudoku by Zach Gage』、『Chess – Play & Learn』、『Backgammon』のような歴史あるボードゲームなどがラインナップされている。

   

 これに対して「App Storeグレイツ」には、 App Store でアワードを受賞してきた作品など、飛び抜けた体験を提供する作品を Apple Arcade の一部として配信。広告表示なしで、機能制限を完全に解除したバージョンの『Threes! – Arcade』、『Mini Metro』、『Fruit Ninja Classic+』 のような作品が含まれる。

地下鉄シミュレーションゲーム 『Mini Metro』
シンプルなパズルゲーム『Threes!』

   

 なお、Apple ArcadeはAppleのサブスクリプションサービスをセットにした Apple One に含まれるほか、1か月の無料トライアルの後、月額600円で利用できる。

   

新たに追加されたタイトルの詳細はApple公式の“Newsroom”でも確認できる。

【Apple Newsroom】
https://nr.apple.com/dm4R1u7A7Y

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部https://pickups.jp/membership-join/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。 読者会員に登録すると、無料ですべての記事をご覧いただけます。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

Related Articles

Stay Connected

Latest Articles