「メタスラ」のストラテジー『METAL SLUG TACTICS』 Nintendo Switch/Steam向けに2022年発売

 SNKは、「METAL SLUG」のIPを使用したストラテジーゲーム『METAL SLUG TACTICS』をSteam/Nintendo Switchで配信することを発表した。発売は両機種ともに2022年を予定。

 本作は、SNKの人気アクションシューティングゲーム「METAL SLUG」シリーズをモチーフに、フランスのスタジオであるDotemuとLeikir Studioが共同開発したストラテジーゲーム。

 あわせて、ゲームの様子がわかるトレーラーが公開されている。

 『METAL SLUG TACTICS』では、横スクロールの2D表現だった原作とは違い、ストラテジーに向くクォータービューが採用されている。プレイヤーが操作するのは、「マルコ」、「ターマ」、「エリ」、「フィオ」といったシリーズではお馴染みの面々。「メタスラ」らしさはありつつも、俯瞰視点で眺めるのは新鮮な要素。

 トレーラーでは、伝統の濃いタッチで描かれたアニメーションが挿入されるほか、随所でカットイン(こちらは幾分かスッキリした印象)の演出が確認できる。

  

 また、「METAL SLUG」シリーズには欠かせない、兵器の描写についても注目だ。トレーラーでは、味方兵器として二足歩行戦車「SVX-15Dスラグノイド」が登場。スラグノイドは、ジャンプ機動を得意する反面、歩行が苦手という特徴を持った兵器。横スクロールの原作ではいわゆる“カニ歩き”で移動し、横向きに砲撃をする姿がチャーミングだったが、本作では正面に向かって砲撃する新たな側面(?)を見せている。

    

 さらに、『METAL SLUG 2』や『METAL SLUG X』などで登場した強大なボスである超弩級岩盤掘削機械「アッシ・NERO」も登場。原作では、その巨大ゆえにほとんど頭部分しか描写されていなかったが、ヘビをかたどったフォルムがよくわかるようになっている。

 クォータービューによって新たな視点を得た本作だが、肝心のゲームシステムについても気になるところ。続報に期待だ。

©SNK CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED.
※その他、記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

Related Articles

コロナ禍の影響でゲーマーの食の意識や行動はどのように変化したのか。ゲームエイジ総研が調査結果を発表

調査によると、ゲーマーの1/3が食に対する考え方が変化があったという。特に20~30代の行動に変化が生じており、間食が増える傾向にあることが分かった

USJに「ドンキーコング」がテーマの新エリア誕生。2024年に開業予定

新エリアには、「ドンキーコング」たちが登場するコースター型のライド・アトラクションも予定。
00:00:30

VR版『バイオハザード4』が10月21日に発売決定。チェーンソー男が眼前まで迫る恐怖のトレイラー映像が公開に

Oculus Quest 2版となる本作には、アイテムを手に取ったり、武器を自由に取り出せるようになっていたりと、ゲームへの没入感を高める様々な試みが詰め込まれている

Stay Connected

Latest Articles