「日本ゲーム大賞2021 アマチュア部門」受賞10タイトル中の8タイトルが 専門学校HALの学生作品に

 IT・デジタルコンテンツ業界の人材を育成する専門学校HAL(東京・大阪・名古屋)は、同校ゲーム学部の学生作品が、一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)が主催するゲームクリエイターの登竜門「日本ゲーム大賞2021アマチュア部門」受賞作品に選出されたことを発表した。

   

 今年は「メビウスの輪」をテーマに、総応募数493点の中から受賞作品10作品が選出され、そのうち8作品がHALの学生チームによるものとなった。

 一次審査では通過した99作品の4割以上を占める41作品がHALの学生作品となり、最終審査に進んだ12作品のうちでは、HALの学生作品が10タイトルが残った。

 また、「大賞」「優秀賞」「佳作」については10月2日(土)12:30より「東京ゲームショウ2021 オンライン」内の「日本ゲーム大賞 アマチュア部門」で発表される予定。

  

日本ゲーム大賞2021 アマチュア部門 受賞作品(タイトル50音順)

▲一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会プレスリリースより

 「日本ゲーム大賞」の中でもアマチュア部門は、全国の大学・専門学校などの“アマチュア”クリエイターたちがオリジナル作品で競い合う、ゲームクリエイターの登竜門。HALは「日本ゲーム大賞」としてコンテストが始まって以来、「最多7回の大賞」&「14年連続受賞」の受賞実績を持つ。今回の受賞決定により、日本一の連続受賞記録を「15年」に更新した。なおこれは、HAL東京・HAL大阪・HAL名古屋をあわせた実績となる。

受賞作品紹介映像

 「メビウスの輪」をテーマにしているだけに、上下反転、裏と表、ねじれや境界線、無限ループといったものがキーワードとなり、ゲーム内に落とし込まれているのがわかる。

  

ウニィ研究所
オリヒメ
鏡娘
Confettia
シロクロコネクト
DungeonInversion
ツキカゲ
LUMINO La ruta naturaL

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

Related Articles

コロナ禍の影響でゲーマーの食の意識や行動はどのように変化したのか。ゲームエイジ総研が調査結果を発表

調査によると、ゲーマーの1/3が食に対する考え方が変化があったという。特に20~30代の行動に変化が生じており、間食が増える傾向にあることが分かった

USJに「ドンキーコング」がテーマの新エリア誕生。2024年に開業予定

新エリアには、「ドンキーコング」たちが登場するコースター型のライド・アトラクションも予定。
00:00:30

VR版『バイオハザード4』が10月21日に発売決定。チェーンソー男が眼前まで迫る恐怖のトレイラー映像が公開に

Oculus Quest 2版となる本作には、アイテムを手に取ったり、武器を自由に取り出せるようになっていたりと、ゲームへの没入感を高める様々な試みが詰め込まれている

Stay Connected

Latest Articles