Switchなどで使えるBluetoothオーディオトランスミッターが販売開始

 FUGU INNOVATIONS JAPANから発売されたNintendo Switchなどで使えるBluetoothオーディオトランスミッター「FG-NSWITCH-BT1」が、同社が運営する通販サイト「Show It」での販売を開始した。

 また、ユーザーから多く問い合わせがある“Switchとの接続”に関する使用レビューを公開。

​  

 通常、Switchでイヤホンを使うには有線のイヤホンやヘッドホンしか直接接続ができないが、オーディオトランスミッターを接続することでBluetoothイヤホンも使えるようになる。

  

 対応コーデックはaptX LL、aptX、SBCの3種類。

  

 今回、全国のディスカウントストアなどで販売されているSwitchに対応したオーディオトランスミッターを、2つのタイプのワイヤレスイヤホンで試す。

 高音質で音声遅延が少ないaptXコーデック対応の「CARD20」と、一般的なネックバンドタイプでSBCコーデック対応の「X31」の音声コーデックが異なる2つのイヤホンを接続していく。

 トランスミッターをSwitch本体とType-Cで接続する。SWITCH本体から給電される為、トランスミッターは充電不要。

 まずは1つ目のイヤホン、aptXコーデック対応のCARD20をチャンネルAに接続。ABボタンがゆっくりと点滅を開始したらAボタンをプッシュ。点滅速度があがりペアリングモードになる。

 イヤホン側をペアリングモードにしてトランスミッターを近づければ自動接続される。

  

 続いて2つ目のイヤホン、チャンネルBへSBCコーデック対応のX31を接続する。チャンネルAでCARD20とペアリングが完了しているのでチャンネルBを長押し。

 チャンネルAの時と同様に点滅は速くなりペアリングモードになり、X31とペアリングが完了しチャンネルBが点灯。

   

 これで、ふたつの異なるコーデックのイヤホンがSwitchと接続。チャンネルAはaptXで接続されていたが、コーデックの低いX31のSBCでチャンネルA/B共に接続される。

 2個同時に接続できることで、ふたりプレイにも対応したオーディオトランスミッターとなっている。

Show It 販売URL:
https://show-it-shop.com/

   

製品情報

オーディオトランスミッター:参考売価 2,980円(税込3,278円)
 ・ネオンレッド: FG-NSWITCH-BT1-NRD / 4589490375325
 ・グレー: FG-NSWITCH-BT1-GY / 4589490375332

今回使用したTWSイヤホン
● CARD20:参考売価 税込14,800円
 https://www.fugu-innovation.com/product/1341/
 ・ブラック: CARD20-BK / 4589490374533
 ・シルバー: CARD20-SL / 4589490374540
 ・ブラウン: CARD20-BR / 4589490374557
 ・グリーン: CARD20-GR / 4589490374564

● X31 参考売価 1,980円 (税込 2,178円)
 https://www.fugu-innovation.com/product/1663/
 ・ブラック: FG-X31-BK / 4589490374601
 ・グレー: FG-X31-GY / 4589490374618

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部https://pickups.jp/membership-join/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。 読者会員に登録すると、無料ですべての記事をご覧いただけます。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

PickUP!

Related Articles

Nintendo Switch Online追加タイトル『マリオストーリー』12月10日配信。記念すべき「ペーパーマリオ」シリーズの第1作目

ニンテンドウ64やプレイステーションなど、3Dゲーム隆盛の時代にあえて平面的な2Dキャラクターを登場させ、2Dと3Dによる不思議な世界を作り出した傑作。

Stay Connected

TOP STORIES