キッズアミューズメント『ワッチャプリマジ!』登録ユーザー数が10万人を突破。関連グッズの販売数も前作比700%以上の推移と好調

 タカラトミーアーツは、新アミューズメントゲーム『ワッチャプリマジ!』について、登録ユーザー数が稼動開始から98日間で10万人を突破したことを発表した。これは、84秒間に1人のユーザー登録が行われている計算になる。

 『ワッチャプリマジ!』は、2010年に誕生した『プリティーリズム・ミニスカート』から続く「プリティーシリーズ」の10周年記念作品として、2021年10月1日より稼動を開始。プレイヤーは自身の作ったマイキャラをアバターとして操作し、「プリマジスタ」としてゲーム内でパフォーマンスを行っていく。

 

 ゲームで特に好評なのが、マシンから配出される「プリマジカード」だという。ゴールドのモチーフが施されたクリア素材のカードに、オンデマンド印刷が施され、ステンドグラスのような美しさと透明感を実現。これまでのシリーズには無かった目新しさが、プレイヤーからの注目を集めているそうだ。

 タッチによるデジタル演出効果により、本作のテーマのひとつである「魔法」を扱っているようなプレイ感を与えてくれていることも、人気の秘訣なのだろう。

▲クリア素材のカードにオンデマンド印刷を施した「プリマジカード」
▲画面上にカードをセットすると、まるでカードに魔法がかかったような演出が発生

 

 『ワッチャプリマジ!』はそのほか、アニメに登場する魔法の本を再現したグッズ「コーデブック」を、キーアイテムとして発売中。コーデブックは発売初週に一時完売する店舗が出るなど大きく販売を伸ばしており、前作の『キラッとプリ☆チャン』収納アイテムと比べると700%以上の販売個数で推移しているとのことだ。

▲「コーデブック」はゲームで入手したプリマジカードを48枚収納することができ、専用リフィルを追加することで最大128枚のカードが入ります。

 

 今後も『ワッチャプリマジ!』は、アニメと連動した世界観とデジタルの力によって命を吹き込まれた「プリマジカード」で“お店でしかできない魔法体験”を提供していくとしている。

 

アニメ『ワッチャプリマジ!』番組概要

めざすは、てっぺん!きらめくマジをさがしにいこう!
「プリマジ」、それは歌とダンスとファッションで作り上げるエンターテイメント!
魔法のようにキラキラと輝くステージには秘密がありました。そう、それは実は本当に「魔法」だったんです!
主人公、「陽比野まつり」は「プリマジ」にあこがれている中学一年生。
「プリマジ」が大好きなまつりは、いつか「プリマジ」に出場できる日を夢見ていました。
そんなとき突然現れた「みゃむ」から「プリマジ」にスカウトされることに!!
ライバルたちに負けないように2人で一緒に「プリマジ」のトップを目指します!

放送:2021年10月3日(日)午前10時~ テレビ東京系6局ネットにて放送中
原作:タカラトミーアーツ/シンソフィア
総監督:佐藤順一
監督:小林浩輔
チーフディレクター:Park Chi Man
シリーズ構成:坪田 文
キャラクター原案:梨本裕美(シンソフィア)
キャラクターデザイン:戸田さやか
CGディレクター:乙部善弘
音楽:水谷広実
音響監督:長崎行男
アニメーション制作:タツノコプロ・Dongwoo A & E
キャスト:陽比野まつり:廣瀬千夏/みゃむ:小池理子/ 弥生ひな:内田彩/チムム:引坂理絵/心愛れもん:鈴木杏奈/きゃろん:吉河順央/皇あまね:庄司宇芽香/ぱたの:小原好美/甘瓜みるき:相良茉優/はにたん:小倉唯/御目河あうる:藤寺美徳/タントちゃん:伊藤かな恵  ほか
コピーライト:c T-ARTS / syn Sophia / テレビ東京 / PM製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
島中 一郎(Ichiro Shimanaka)https://www.foriio.com/16shimanaka
ライター。ゲーム・アニメ業界を中心にニュース記事の執筆、インタビュー、セミナー取材などマルチに担当。ボードゲームが趣味であり、作品のレビューや体験会のレポートを手掛けるほか、私生活で会を催すことも。無類のホラー好き。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES