『ファイアーエムブレム無双 風花雪月』が発売約2ヵ月で世界累計出荷100万本突破

 コーエーテクモゲームスは8月17日、同社の展開するNintendo Switch用ソフト『ファイアーエムブレム無双 風花雪月』の全世界累計出荷本数が100万本を突破したと発表した。

 本作は2019年7月にコーエーテクモゲームスが開発を担当し、任天堂より発売されたシミュレーションRPG『ファイアーエムブレム 風花雪月』を題材とした「無双シリーズ」作品。

 作中ではキャラクターや世界は『ファイアーエムブレム 風花雪月』から引き継ぎながらも、ストーリーは原作で描かれなかったIFの物語が展開。

 戦略的要素やキャラクターとの交流といった「ファイアーエムブレム」らしいエッセンスを残しながら、コーエーテクモゲームスが得意とする無双ゲームの派手で爽快なアクションが楽しめる。

 6月24日の発売から、わずか2ヵ月ほどで累計出荷本数100万本記録した『ファイアーエムブレム無双 風花雪月』。

 好調のスタートダッシュを決めた本作だが、2020年までに全世界で300万本以上を売り上げている『ファイアーエムブレム 風花雪月』の人気を考慮すれば、年内のさらなる伸びにも期待できるだろう。

 なお、今回の発表に際し、『ファイアーエムブレム無双 風花雪月』公式Twitterでは、PC用の記念壁紙が公開されている。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
富士脇 水面(Minamo Fujiwaki)
富士脇 水面(Minamo Fujiwaki)
プラットフォーム問わず、FPSやRPGなど多種多様なジャンルをプレイする雑食ゲーマー。人生を変えたゲームの魅力を伝えるため、WEBメディアを中心に活動中。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES