マーベルのDGC『MARVEL SNAP』、リリース初月に1200万DLを突破し、収益は1,000万ドルに到達と推計

 Nuverseが提供する『MARVEL SNAP』について、リリース後30日間で1220万回ダウンロードされ、1,094万ドル(約15億5,436万円)の収益を上げていることが明らかになった。Appmagicのデータに基づいて、モバイルゲームのニュースを扱うメディア「mobilegamer.biz」が報道している。

 『MARVEL SNAP』は、Second Dinnerが開発し、パブリッシングをNuverseが担当するデジタルカードゲーム。Second Dinner は、Blizzardの代表的なDCG『ハースストーン』を手掛けたクリエイターであるBen Brode氏と、Hamilton Chu氏が設立した開発スタジオである。

 10月18日にグローバルで配信されて以来、世界中のチャートで上位にランクイン。1日あたり平均約36万5,000ドル(約5,185万円)の収益を上げ、1日のダウンロード数は約40万7000DLを記録した。

 同作は「ハイスピードカードバトル」と銘打たれ、1ゲーム3分ほどで決着が着く試合展開の早さが特徴。ゲーム内には、MARVEL作品でおなじみのヒーローやヴィラン、そしてゆかりのあるロケーションが登場し、原作での設定がカードゲームのシステムに落とし込まれている。

 

 また、Pay to Win的ではない良心的なマネタイズも、ユーザーからの支持を集めている要因のひとつと見られる。同作はガチャ非採用のタイトル(カードはプレイを進めていくことで無料入手可能)で、主な課金要素はカードの絵柄を変える「ヴァリアント」(スキン)、およびシーズンパスの購入となっている。シーズンパスの報酬に関しても、目玉となるのは主にスキンとなる。

 

 11月上旬には、「ブラックパンサー」をテーマにした新シーズンが開幕し、セールスが上昇。シェア上位の市場は順に、米国が630万ドル、次いで韓国が78万ドル、日本が55万8,000ドル、カナダが42万8,000ドル、フランスが36万ドルとなっている。

 

 ダウンロード数では、米国が318万DLを記録し、ブラジルが98万2000、イタリアが73万9000、インドネシアが70万、フランスが64万2000と続いている。ダウンロードあたりの累積収益は0.91ドル。

 プラットフォーム別の収益/DL数は、App Storeが638万ドル(約8億9,000万円)/353万DL、Google Playが457万ドル(約6億4,000万円)/867万DLとなった。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES