カプコン 第2四半期決算、前期反動で減収減益となるものの順調に進捗 『モンハンライズ』が累計販売1,100万本突破

 カプコンは10月26日、2023年3月期 第2四半期連結業績(2022年4月1日~2022年9月30日)を発表した。

 第2四半期、カプコンの売上高は490億6,700万円(前年同期比29.9%減)、営業利益は218億9,500万円(同24.3%減)、経常利益は229億9,600万円(同22.6%減)、四半期純利益は161億4,200万円(同27.4%減)と前年比で減収減益となった。

 同期間中は、中核であるデジタルコンテンツ事業において主要IPの大型新作である『モンスターハンターライズ:サンブレイク』の投入に加え、『モンスターハンターライズ』、『バイオハザード RE:2』などシリーズ作を中心としたリピートタイトルの販売を中心に、デジタル販売を積極的に推進。結果、家庭用ゲームソフトの販売本数は前年の1,980万本から2,130万本へと上回る数字となった。

 タイトル個別の販売本数としては、新作『モンスターハンターライズ:サンブレイク』が累計440万本の販売を達成し、『モンスターハンターライズ』が累計1,100万本を突破。『バイオハザード RE:2』についても、累計1,000万本を突破したことが報告されている。

 これにより、主要IPである「バイオハザード」はシリーズ累計1億3,100万本、「モンスターハンター」はシリーズ累計8,800万本の販売本数を記録している。なお、旧作の伸長を受けて、通期の販売本数は4,000万本を計画しているとのこと。

 収益面では、前期大型新作の反動減により前年同期比で減収減益となったものの、通期計画に対しては順調に進捗。今後、下期に予定する大型新作の投入および継続的なリピート販売の推進に注力していく方針としている。

 直近では10月28日、『バイオハザード ヴィレッジ』の追加コンテンツである『ウィンターズ エクスパンション』、および同梱版の『バイオハザード ヴィレッジ ゴールドエディション』が発売。新作の『バイオハザード RE:4』は2023年3月24日の発売を予定している。

 そのほかiOS/Android向け『逆転裁判123 成歩堂セレクション』のセールキャンペーンを11月8日まで開催するなど、定期的なセール販売を行っている。

 なお、上期の進捗状況を踏まえ、2022年5月11日に公表した2023年3月期(2022年4月1日~2023年3月31日)の連結業績予想を上方修正。2023年3月期は売上高1,250億円 (前期比13.6%増)、営業利益500億円 (同16.5%増)、経常利益500億円 (同12.8%増)、純利益365億円 (同12.1%増)となる見込み。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES