大ヒットモバイル向けRPG『ヘブンバーンズレッド』韓国・中国繁体字版のリリースが決定 12月9日・13日に制作発表会を開催

 

 Wright Flyer Studios(WFS)とKey(ビジュアルアーツ)は12月1日、両社のモバイル向けRPG『ヘブンバーンズレッド』(ヘブバン)について、韓国版および中国繁体字版(香港、台湾、マカオなど)のリリースが決定したことを発表した。あわせて、PVが公開されている。

 

 12月9日、13日に韓国・ソウル、台湾・台北でそれぞれ制作発表会が開催され、詳細が明らかになる予定。

 発表会には、WFSの代表取締役社長である柳原陽太氏、プロデューサーの柿沼洋平氏、開発を統括する下田翔大氏が登壇し、同作の紹介や今後の展開について説明。当日の様子は、韓国語・繁体字版の公式YouTubeおよびFacebookで生配信される。

 『ヘブバン』は、『AIR』や『CLANNAD』などの恋愛アドベンチャーゲームで知られる麻枝准氏(Key所属)が原案・メインシナリオ、音楽プロデュースを手掛ける新作モバイル向けRPG。キャラクターデザイン・原案とメインビジュアルは、『ソフィーのアトリエ』『マギア・レコード』などで知られるゆーげん氏が担当している。

 

 日本国内においては、2022年2月にリリースされると、セールスランキング1位を獲得。上位をキープし、『ウマ娘 プリティーダービー』(2021年2月24日リリース)以来となる新規IPでの大ヒットを記録した。

【関連記事】
『ヘブンバーンズレッド』App Storeセールスランキングで1位獲得。第三章開幕に関連したゲーム内施策が寄与

 なお、開発を行うWFSは社内にローライズ組織を持ち、これまでにも同社の『アナザーエデン 時空を超える猫』などのタイトルを海外で自社パブリッシングしている。詳細は制作発表会で明らかになるが、韓国・繁体字版においても自社でローカライズを担当する可能性が高いと見られる。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

2周年記念施策により『ブルーアーカイブ』がAppStoreのセールスランキング1位を初めて達成

1月24日のメンテナンス後から、2周年を記念した施策を展開。最高レアリティのキャラクターが確定で入手できるパッケージなどを販売している。

『Among Us VR』が発売から10週間で累計販売本数100万本を突破 統計データも公開

世界122カ国のユーザーが『Among Us VR』をプレイ。試合は累計400万回以上行われ、1日平均44,000試合が開催されている。

Stay Connected

TOP STORIES