『CoD:ヴァンガード』『CoD:ウォーゾーン』が「進撃の巨人」とコラボ。「リヴァイ」バンドルで調査兵団の一員に

 Activisionは1月11日、『Call of Duty: Vanguard』および『Call of Duty: Warzone Pacific』において、人気作品「進撃の巨人」とのコラボレーションを発表した。

 「進撃の巨人」は現在、アニメ版の「The Final Season Part 2」が放送開始したばかり。これを記念して、1月14日行われる2022年最初の大型アップデートでコラボが実施される。

 コラボで登場する“追跡者パック: 進撃の巨人 — 「リヴァイ」バンドル”では、リヴァイの格好をイメージしたオペレータースキン「調査兵団」が用意される。価格は2,400CP(2,200円相当)となる。

▲オペレータースキンを身にまとったダニエル・ヤツ

 ほか、バンドルには武器設計図「Titan Piercer」、とどめの一撃「巨人への一撃」、『ヴァンガード』限定ハイライトイントロの「立体起動」、MVPハイライトの「超硬質スチール」など10個のアイテムが含まれる。

 中には、武器チャーム「地下室の鍵」、調査兵団のエンブレム「Wings of Freedom」、そして作中に登場するあのキャラクターを連想させる「蒸かした芋」など、ファンなら知っているアイテムが揃っている(※各アイテムの名称は変更となる可能性あり)。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES