NetEase Gamesの100%出資によるゲーム開発会社「名越スタジオ」設立。高品質なコンシューマタイトルの開発に注力

 NetEase Gamesは1月24日、同社が100%出資を行う「株式会社名越スタジオ」の設立を発表した。同スタジオは、高品質な家庭用ゲーム機向けタイトルの開発に注力し、グローバルに展開していく予定とのこと。

 代表取締役社長には、ゲームクリエイターの名越稔洋氏が就任。同氏は1989年にセガ・エンタープライゼスに入社すると『デイトナUSA』や「モンキーボール」シリーズを経て2005年に自身が総合監督を務める作品『龍が如く』を発売。

 2011年には社内チーム「龍が如くスタジオ」が発足し、2021年の『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』の発売後に退社するまで、同スタジオが手掛ける作品に総合監督として携わってきた。

 また、名越スタジオの設立メンバーとして「龍が如く」シリーズのディレクター、プロデューサーを務めた佐藤大輔氏が取締役に就任。さらに同シリーズでの開発経験が豊富なスタッフが多数集い、9人のコアメンバーでのスタジオ設立となった。

▲上段5名は左から順に、藤本光伯氏(エンジニア)、時枝浩司氏(プログラマー)、安藤俊周氏(デザイナー)、潮田太一氏(ディレクター)、染屋直樹氏(デザイナー)。
下段4名は左から順に、細川一毅氏(デザイナー)、佐藤大輔氏(取締役)、名越稔洋氏(代表取締役)、城崎雅夫氏(プランナー)、
※役職名はコーポレートサイトに準拠。

 設立に際して、名越スタジオおよびNetEase Gamesの声明は以下の通り。

エンターテインメント業界では、コンテンツの作り方やそれを支えるビジネスモデルに、大きな変化が起きています。こうした変化は、技術やインフラの進歩により、より速いスピードで起こっています。しかし、NetEase Games及び名越スタジオは、人々がエンターテインメントに求めるものは何も変わっていないと信じています。日々の暮らしに希望を与え、辛い時には癒しを与え、楽しい時には感動を与えてくれる、そんな夢をエンターテインメントに託しているのです。人生のあらゆる出来事のきっかけをエンターテインメントに求めているのです。

 名越スタジオは、NetEase Gamesと同じように「クリエイターの可能性を引き出す」ことをモットーに、オープンかつ包括的な環境で、良質なタイトルの制作とエンターテインメントの本質を全世界に届けることを目指すという。

 名越スタジオのコーポレートサイトでは、求人情報などを含む詳細が確認可能。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES