ゲーム特化の映像制作チーム「CONTINUE」発足。ゲームの魅力を最大限に引き出すクリエイティブを目指す

 THINGMEDIAは2月22日、ゲーム特化の映像制作チーム「CONTINUE」を新たに発足したことを発表した。

 同社は映像制作とライブ配信プロデュースを中心に、映像にまつわるオウンドメディア、Webサービスを展開する映像ベンチャー企業。

 海外では「Game Caputure Artist」と呼ばれる職業が確立されており、実写と同じ意識でゲーム画面の撮影を行うスペシャリストが存在。ゲーム市場拡大の裏で、ゲーム映像制作の質が問われる時代になっているが、日本ではそのポジションがいないのが現況だという。

 そこで発足されたCONTINUEは、高度なゲームスキルを持ったメンバーたちが実際にゲームをプレイして世界観やコア要素を理解し、ゲーム開発者・担当者と相互理解を深め合い、多角的な検証を行った上で、制作を行うゲーム特化の映像制作チーム。これにより「Game Visual Supervisor」という新しいポジションを確立する。

 同チームではゲーム画面の撮影・編集に加え、プランニング・ディレクションまで行い、プロジェクト全体のクリエイティブを統括する。

 また、独自の「CONTINUE CREATIVE」を掲げ、ゲームの魅力を最大限に引き出す映像制作を行う。具体的には、以下の3要素を強みとしているとのこと。

1.「ゲーム独自のシズル感を追求」
ゲーム独自の世界観があり、その中でファンを唸らせるクリティカルポイントが存在することを念頭に制作する。

2.「全てのシーンに魅力を持たせる」
単純に繋げるだけではなく、どこか新しく、且つ今までには見られないような組み合わせ方やオリジナリティーを加味した表現方法を模索する。

3.「カメラアングル・ワークをつける」
仮想世界にもカメラマンは必要であるという考えの下、ゲーム画面撮影に力を入れ、魅力的なシーンを切り取る。

 

「CONTINUE」代表|Game Visual Supervisor|勝裕周氏コメント

私たちはゲーム専門の映像制作チームです。ゲームの画面撮影に力を入れているところが特徴です。学生時代、小さなきっかけで開発の場や広告仕事に携わり、ゲーム画面を撮ることがありました。ゲームに触れた上で作品としての目玉ポイントは何かを考え、時にはカメラワークを作って撮影することもありました。そこからこの領域のクリエイティブを拡げたい想いができました。全員がゲーム案件の経験豊富なチームなので、是非ご相談ください。

「CONTINUE」プロデューサー|三原和志氏コメント

好きを伸ばし貫く事はこの時代に合っていますが、それを仕事にできる人は多くはいません。CONTINUEは「映像クリエイター×ゲーム愛」希少性しかないメンバーで構成されています。好きを伸ばし続けた結果、既存の枠を越え、スペシャリストとして君臨し求める声も多くいただいています。CONTINUEでは最強のゲーマーを募集しています。1mmでも映像業界に興味があればお問合せください。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

2周年記念施策により『ブルーアーカイブ』がAppStoreのセールスランキング1位を初めて達成

1月24日のメンテナンス後から、2周年を記念した施策を展開。最高レアリティのキャラクターが確定で入手できるパッケージなどを販売している。

『Among Us VR』が発売から10週間で累計販売本数100万本を突破 統計データも公開

世界122カ国のユーザーが『Among Us VR』をプレイ。試合は累計400万回以上行われ、1日平均44,000試合が開催されている。

Stay Connected

TOP STORIES