「プロフェッショナル仕事の流儀」初音ミク特集回が本日3月1日に放送。VOCALOIDが日本の音楽に与えた影響についてフォーカス

 NHKは、本日3月1日(火)22時30分よりTV番組「プロフェッショナル仕事の流儀」(NHK総合)にて、バーチャル・シンガー初音ミクを特集した内容を放送する。

 公開中の予告映像では、DAISYプロジェクトリーダーの剣持秀紀氏と企画開発者の佐々木渉氏、ミュージシャンのDECO*27さんが出演。3人それぞれの観点から、初音ミクについての紹介・説明が行われている。

 初音ミクは、ヤマハの音声合成システム「VOCALOID」に対応したボーカル音源の最初の製品として、2007年から登場したキャラクター。ユーザーからのニコニコ動画を中心とした動画投稿から人気が火が付き、発売から15年が経過した現在でもライブやゲーム、グッズなど数々のメディアミックスが行われている。

 「プロフェッショナル仕事の流儀」の公式サイトでは、米津玄師さんやAdoさん、YOASOBIなど現代の音楽シーンを席巻するアーティストたちのルーツが「初音ミクにある」と紹介。そんな初音ミクが日本の音楽に与えた影響について、フォーカスを当てた番組内容になっているようだ。

 過去に『エヴァンゲリオン』の庵野秀明監督を特集した番組なだけに、今回の初音ミク特集回にも期待したいところ。初音ミク特集回は、3月1日(火)22時30分よりNHK総合より放送予定。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
島中 一郎(Ichiro Shimanaka)
島中 一郎(Ichiro Shimanaka)https://www.foriio.com/16shimanaka
ライター。ゲーム・アニメ業界を中心にニュース記事の執筆、インタビュー、セミナー取材などマルチに担当。ボードゲームが趣味であり、作品のレビューや体験会のレポートを手掛けるほか、私生活で会を催すことも。無類のホラー好き。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES