キッザニアがNintendo Switch用ソフトを活用した施設をオープン ゲーム制作プログラムを通してゲームクリエイターの仕事を体験

 KCJ GROUPは、こどもの職業・社会体験施設「キッザニア東京」と「キッザニア甲子園」のゲーム会社パビリオンについて、リニューアルオープンしたことを発表した。

 リニューアルが行われたゲーム会社パビリオンでは、Nintendo Switch用ソフト『ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング』(以下『はじプロ』)を用いり、オリジナルのゲーム制作プログラムを通して、ゲームクリエイターの仕事が体験できるようになっている。

 『はじプロ』は、キャラクターを繋げることで様々なジャンルのゲーム制作が行えるプログラミングソフト。キャラ制作やアクションなど自由なプログラミングが楽しめることはもちろん、プログラミングの基礎が学べるナビゲーション付きのレッスンモードも用意されている。

 2020年に小学校でのプログラミング教育が必修化されたこともあり、大きな注目を集め続けているプログラミング。学研教育総合研究所が2021年12月に発表した「将来つきたい職業」に関する男女総合ランキングでは、「エンジニア・プログラマー(機械・技術・IT系)」が6.7%と1位を獲得するほどの人気ぶりだ。

 ゲーム会社パビリオンでのアクティビティ体験後には、自分が制作したゲームのパッケージを持ち帰ることが可能となっている。『はじプロ』は現在、最初のレッスンがプレイできる体験版を配信中。

 ゲーム会社パビリオンについて興味があるという方は、まずは体験版からチェックしてみてはいかがだろうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
島中 一郎(Ichiro Shimanaka)
島中 一郎(Ichiro Shimanaka)https://www.foriio.com/16shimanaka
ライター。ゲーム・アニメ業界を中心にニュース記事の執筆、インタビュー、セミナー取材などマルチに担当。ボードゲームが趣味であり、作品のレビューや体験会のレポートを手掛けるほか、私生活で会を催すことも。無類のホラー好き。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES