CD PROJEKT RED×TRIGGERによる『サイバーパンク エッジランナーズ』ティザー映像公開 Netflixで2022年9月配信

 CD PROJEKT REDは6月9日、アニメ制作会社TRIGGER(トリガー)と共同で制作するNetflixアニメ作品「サイバーパンク エッジランナーズ」について、放送時期が2022年9月に決定し、10話構成のオリジナルアニメシリーズとなることを明らかにした。これはNetflixのオンラインイベント「Geeked Week 2022」の一環で情報解禁されたもの。

 「サイバーパンク エッジランナーズ」はCD PROJEKT REDのゲームタイトル『サイバーパンク2077』の世界を舞台にしたアニメ作品。ティザー映像と共に、舞台裏特集と特別映像の計3つがYoutubeで公開されている。

 映像では、『サイバーパンク2077』ゲーム内でのハッキングアクションのひとつ、ブリーチプロトコルが再現されているなど、オリジナルストーリーながらも原作の要素を描き出していることがわかる。

 同社のラファウ・ヤキ氏(代表作『ウィッチャー3 ワイルドハント』『サイバーパンク2077』『ウィッチャー ローニン』)がショーランナーと制作総指揮を務め、プロデューサーは本間覚氏、バルトシュ・シュティボー氏、エルダー爽氏が担当する。

 そして、アニメーションを担当するのは、日本を拠点とするアニメ制作会社であるトリガー。監督は今石洋之氏 (代表作『天元突破グレンラガン』『キルラキル』『プロメア』)、クリエイティブディレクターは若林広海氏 (『キルラキル』)、キャラクターデザイン・総作画監督を吉成曜氏(『リトルウィッチアカデミア』『BNAビー・エヌ・エー』)、脚本は宇佐義大氏 (「GRIDMAN UNIVERSE」シリーズ) と大塚雅彦氏(「スター・ウォーズ:ビジョンズ 『The Elder』」)。劇伴制作は山岡晃氏(「サイレントヒル」シリーズ) が担当する。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES