サイボウズ、急激なインフレ傾向に際し「インフレ特別手当」を社員に支給 最大15万円

 サイボウズは、昨今の世界的なインフレ傾向を踏まえ、インフレ特別手当を社員に支給することを発表した。多くの国や地域で物価高が急激に進んでいることから、日本およびグローバル拠点の、サイボウズと直接雇用契約を結ぶ社員(無期・有期雇用ともに)に対し、7〜8月間に特別一時金の形で支給する。

 インフレ特別手当を支給した背景に同社は「2022年に入り、電気代や食料品、生活用品など、生活の基盤となる分野での価格上昇が世界的に進んでいる。この急激なインフレ傾向に際し、日本およびグローバル拠点のサイボウズ社員が生活に不安を抱くことなく業務を行えるよう、インフレ特別手当を支給することにした」とコメントしている。

 サイボウズの給与改定は一部の拠点を除き、基本的に毎年1月に実施しているが、今回インフレへの早急な対応が必要と判断し、特別一時金の形で支給。支給額は、各種情報を参照したうえで、各国・地域のサイボウズの給与、インフレによる影響額、税金、社会保険負担等も加味して決定するとしている。

 

インフレ特別手当の概要

・対象者:支給対象拠点(※注1)に支給日に在籍かつ支給日以降に勤務する直接雇用メンバー(無期・有期雇用ともに)
・支給時期:7〜8月間に1回(給与支給のタイミングにより、各拠点で決定)
・支給額:月の就業時間に対し、以下の金額とする。

【日本】
・128時間超/月(8時間/日で週4日超勤務): 15万円
・96時間超128時間以下/月(8時間/日で週3日超勤務): 12万円
・64時間超96時間以下/月(8時間/日で週2日超勤務): 9万円
・64時間以下/月(8時間/日で週2日以下勤務): 6万円

()内は目安の勤務時間/日数

【その他の拠点】
各拠点で金額を決定し、支給(※注2)。

(※注1)半期で給与改定を実施している拠点は対象外。
(※注2)海外赴任メンバーは、駐在先または駐在元拠点の多いほうの支給額とする。

 インフレ特別手当支給について、導入に至るまでの経緯や導入意図について下記でまとまっている。https://cybozu.backstage.cybozu.co.jp/n/nfb51820ca777

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部
PickUPs!編集部https://pickups.jp/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES