EAが「バトルフィールド」シリーズを専門とするスタジオRidgeline Gamesを設立 

 エレクトロニック・アーツ(EA)は9月9日、シアトルを拠点とするスタジオ「Ridgeline Games」の設立を発表した。同スタジオでは、「バトルフィールド」シリーズの世界を舞台にしたキャンペーン(ストーリー)の開発に注力する予定。

 公式Twitterアカウントでは、「バトルフィールドが 20 年間にわたって受け継いできたレガシーに参加できることを大変光栄に思います」とコメントしている。

 スタジオを率いるMarcus Lehto 氏は、Bungieのクリエイティブディレクターとして「Halo」シリーズの成功を支えたことで知られる。2021年10月にエレクトロニック・アーツにゲームディレクターとして移籍していた。

 「バトルフィールド」シリーズの責任者であり、Respawn Entertainmentの創設者であるVince Zampella氏は、新スタジオの設立にあたって「新しい才能と視点を取り入れることで、フランチャイズの将来に投資し続けます」とコメント。

 Ridgeline Gamesは今後、DICE、Ripple Effect Studios、Industrial Toysといったスタジオを協力しながら、「バトルフィールド」の世界でしか実現できない物語の創出を目指す。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES