『モンスト』新CMでLEDビジョンが導入 スマートフォンに見立てた映像演出でゲームの魅力を最大化

 LM TOKYOが運営するLED TOKYOは、人気アプリ『モンスターストライク』のCM撮影にLEDビジョンを導入したことを発表した。

 LED TOKYOは、超品質・超価格の製品を販売・レンタルするデジタルサイネージの総合ブランドだ。

【使用した製品とサイズ】
使用した製品:屋内用LEDビジョン
ピッチサイズ:2.97mm
製品サイズ:W1,000×H2,500mm
画面解像度:504×840px

 スマホアプリということで、画面の比率をスマートフォン同様の縦型にし、LEDビジョン周りを装飾し、大きなスマートフォン見立てた演出を行ったという。

 該当のCMは、年間CMキャラクターを務める中島健人さんと、人気お笑い芸人の粗品さん(霜降り明星)が出演する新CM「呼びかけ」篇(TV:15秒/WEB限定:30秒)だろう。こちらのCMは2022年10月初旬より全国で放送開始している。

▲公式YouTubeによるスクリーンショット

 LED TOKYOでは自社ブランド製品の高品質なデジタルサイネージを、リーズナブルな価格にて提供している。購入はもちろん、レンタルの相談も歓迎しているとのことだ

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部
PickUPs!編集部https://pickups.jp/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

PickUP !

シリコンバレー銀行破綻、長期的には日中印の海外進出に影響か?

ハイリスク・ハイリターンなゲームビジネスにとって、シリコンバレーバンクはかけがえのない支援者だった。今後ゲーム業界ではどのような影響があるのか。

急成長のNextNinjaが全職種積極採用! 代表・山岸氏が本気で求める人材像とは

[AD]飛躍の時を迎えつつあるNextNinjaは今、全力で新たなチャレンジャーを探している。「全職種積極採用」を掲げる組織戦略と、求める人材像とはいかなるものなのか。代表の山岸氏に直接話を聞いた。

【特集】ポスト・メディアミックス時代で躍進する中国、カギは放置ゲームと安心感

2022年のモバイルゲーム市場を分析。『ウマ娘』以降のポスト・メディアミックス時代において、中国系パブリッシャーが躍進した背景とは。

Related Articles

Supercell、2023年春にすべてのタイトルでロシアとベラルーシからのアクセスを一時停止 

アプリストアからタイトル削除後も既存ユーザーはプレイできていたが、今年3月には『クラッシュ・オブ・クラン』へのアクセスが停止されている。

韓国の新作MMORPG『ArcheAge WAR』が現地リリース5時間でApp Storeセールスランキング1位を獲得

韓国では事前登録者数が200万人を突破。22日にはGoogle Playストアにおいてもセールスランキング1位を獲得したことが報告されている。

Stay Connected

TOP STORIES