Netflix、LA新スタジオでPC用AAAタイトル制作を計画 FPS・TPSの経験やライブサービスへの理解がある人材を募集

 

 Netflixは11月23日、同社の人材募集ページを更新し、PC用AAAタイトルの計画を明らかにすると共にコアスタッフの募集を開始した。

 Netflixのゲーム部門であるNetflix Gamesでは10月、米国の南カリフォルニアに新スタジオを設立する意向をゲーム担当VP・Mike Verdu(マイク・ベルドゥ)氏が語っていた(関連記事)。新スタジオは、『オーバーウォッチ』のエグゼクティブプロデューサーを務めた経験があるChacko Sonny(チャコ・ソニー)氏が率いるとされている。

 役職はディレクターとなり、コンセプトの段階から制作、ローンチ、ライブオペレーションにわたってクリエイティブリーダーを務め、ゲームのコア機能を担うスタッフを求めている。

 要項によれば、クリエイティブディレクター、ゲームディレクター、または同等のデザインリーダーとしての経験を含む、10年以上のゲームデザイン経験があるベテランが対象。またUnreal Engineでの開発経験やソーシャルシステムとゲームプレイ(協力型、対戦型)に対する熱意に言及されているほか、FPSやTPSの経験、ライブサービスゲームへの深い理解がある人物が理想としている。

 Netflixが掲げるメリットとしては、「マネタイズによるデザインの制約を受けることなく、ゲームを作成、配信、運営できる」ことを挙げており、計画中のPC用AAAタイトルは同社が現在配信しているモバイルタイトル同様、IAP(アプリ内課金)のようなシステムを排除したものになると見られる。

 このほか、同スタジオではテクニカルディレクター、アートディレクター、ライブサービスアナリストなども募集しており、リードエンジニアのページでは「エキサイティングな新しい3人称視点のアクションRPG」に対する言及もされている。

 Netflixは昨年11月にゲーム市場へ本格参入してから、急速に事業規模を拡大。Netflix Gamesとして、グローバルに通用する社内ゲームスタジオの構築に注力している。今月初めには、ゆるカワな雰囲気のゲーム作品をポートフォリオに持つSpry Foxを買収して、現時点で合計6つのスタジオを所有している。

【関連記事】
Netflix、『Alphabear』『Cozy Grove』などの開発スタジオSpry Foxを買収 急速に規模を拡大するNetflix Games

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

2周年記念施策により『ブルーアーカイブ』がAppStoreのセールスランキング1位を初めて達成

1月24日のメンテナンス後から、2周年を記念した施策を展開。最高レアリティのキャラクターが確定で入手できるパッケージなどを販売している。

『Among Us VR』が発売から10週間で累計販売本数100万本を突破 統計データも公開

世界122カ国のユーザーが『Among Us VR』をプレイ。試合は累計400万回以上行われ、1日平均44,000試合が開催されている。

Stay Connected

TOP STORIES