コロプラとカプコン、包括的な特許クロスライセンス契約を締結

 

 コロプラとカプコンは、両社のプレスリリースにおいて特許クロスライセンス契約を締結したことを発表した。

 本契約は、コロプラとカプコンが、双方が保有するゲーム開発に係る特許権を包括的に相互許諾するもの。従来の同社とのクロスライセンスよりも広範な契約とすることで、両社のゲーム開発の自由度をさらに向上させ、より魅力的なコンテンツづくりを推進することを目的としている。

 コロプラは、『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』や『白猫プロジェクト』などモバイルゲームでヒット作を持つゲーム企業だ。創業当時から位置情報ゲームを手掛けており、近年は『ドラゴンクエストウォーク』の開発会社としても知られている。

 そしてカプコンは、「モンスターハンター」や「バイオハザード」など世界的大ヒットシリーズを保有するゲーム企業。主にコンシューマ向けAAAアクションゲームを手掛けているが、モバイルゲームをはじめとするオンラインゲームでヒット作を持っていないのが弱点となっている。

 モバイルゲームの開発・運営ノウハウはもとより、位置情報ゲームで大ヒット作を保有するコロプラと、世界的IPタイトルとAAAアクションゲームの知見を持つカプコン、両者の取り組みは双方にとって大きなメリットを得られるだろう。

 一方コロプラとカプコンは、この「特許権」に関して苦しい経験をしてきた。コロプラは任天堂に特許権侵害を指摘され、後にライセンス料を含む33億円の和解金を支払い(関連サイト)、カプコンは、コーエーテクモゲームスを相手に特許侵害を訴訟(後に勝訴)(関連サイト)。

 特許権を巡る騒動はゲーム業界の歴史において度々起こる。両社は知的活動から創出される発明を保護し、円滑なゲーム開発環境を整備するためにも今回の取り組みに至ったのだろう。

 両社のプレスリリースでは「許諾を得た特許権を今後開発するタイトルに有効活用し、これまでにない”新しい体験”の提供していく」とコメントしている。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部
PickUPs!編集部https://pickups.jp/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

PickUP !

シリコンバレー銀行破綻、長期的には日中印の海外進出に影響か?

ハイリスク・ハイリターンなゲームビジネスにとって、シリコンバレーバンクはかけがえのない支援者だった。今後ゲーム業界ではどのような影響があるのか。

急成長のNextNinjaが全職種積極採用! 代表・山岸氏が本気で求める人材像とは

[AD]飛躍の時を迎えつつあるNextNinjaは今、全力で新たなチャレンジャーを探している。「全職種積極採用」を掲げる組織戦略と、求める人材像とはいかなるものなのか。代表の山岸氏に直接話を聞いた。

【特集】ポスト・メディアミックス時代で躍進する中国、カギは放置ゲームと安心感

2022年のモバイルゲーム市場を分析。『ウマ娘』以降のポスト・メディアミックス時代において、中国系パブリッシャーが躍進した背景とは。

Related Articles

リニューアル及び新サイト移行作業につき更新一時停止中

具体的な日時は調整中ですが、リニューアル及び新サイト移行作業が完了した際には、PickUPs!上でもお知らせ致します。またメールマガジンにご登録していただいた方には優先して告知致します。

Stay Connected

TOP STORIES