WFSとグリーアドバタイジングのオンラインセミナーが6月22日開催 『ヘブバン』のデジタルマーケティング戦略が語られる

 Glossomは5月31日、同社が主催するオンラインセミナーにおいて、Wright Flyer Studios(WFS)とグリーアドバタイジングによる講演「2022年モバイルゲームのデジタルマーケティング最前線」を実施することを発表した。

 登壇するのは、『ヘブンバーンズレッド』などWFSのデジタルマーケティングを統括する加藤耕輔氏と、同作のデジタルプロモーションを広告代理店として支えたグリーアドバタイジングの柴田直人氏。

 『ヘブンバーンズレッド』は『AIR』や『CLANNAD』などの恋愛アドベンチャーゲームで知られるKey(ビジュアルアーツ)とWFSがタッグを組んで提供するモバイルRPG。サービス開始にあたって事前登録数50万人以上、配信後3日で100万DLを達成(関連記事)したヒット作だ。

 現在、モバイルゲーム市場はATT(App Tracking Transparency)導入――2021年4月、アップルがユーザーに対して、アプリのトラッキングを許可するかどうか尋ねる機能を追加した――によるiOSのインストール減少、海外ゲームパブリッシャーの参入や他アプリとの可処分時間の奪い合いで競争が高まっており、モバイルゲームの新規インストールコストは上昇傾向が続いている状況。

 セミナーでは、その中で成功を収めた『ヘブンバーンズレッド』をテーマに、デジタルマーケティング戦略と実行の舞台裏を、二人のキーマンが赤裸々に語るイベントとなるという。

イベント概要

主催:Glossom株式会社
実施概要:日程 2022 年 6 月 22 日(水)
開催方式:オンラインセミナーにて開催
参加費:無料

タイムテーブル:

  • 18:50 入室
  • 19:00 開演・ご挨拶
  • 19:05 講演 第一部 パネルディスカッション
  • 19:40 講演 第二部 ソリューション紹介
  • 20:00 終了

講演内容

第一部 パネルディスカッション

【Wright Flyer Studios × グリーアドバタイジング】2022年モバイルゲームのデジタルマーケティング最前線〜新作スマホゲーム ローンチプロモーションの舞台裏〜

登壇:
株式会社WFS
Studio本部Marketing部 シニアマネージャー / シニアマーケター
加藤 耕輔(かとう こうすけ)氏

【経歴】
グリー株式会社に新卒として入社。入社後はゲームプランナー、ゲームプロデューサーを経て、マーケターに転身。複数ゲームタイトルのDigital Marketing、子会社のマーケティング組織立ち上げ・責任者を経て、2019年よりWright Flyer Studios事業部に参画。現在は株式会社WFSに出向し、Digital Marketingを統括。

グリーアドバタイジング株式会社
代表取締役 柴田 直人(しばた なおと)氏

【経歴】
2008年、グリー株式会社に入社し、GREE Ads Reward、海外広告事業を立ち上げ。2016年、グリーアドバタイジング株式会社 代表取締役社長に就任。2018年4月、Glossom株式会社 執行役員に就任し、代理事業を管轄。2020年8月、Glossom株式会社 取締役に就任。

アジェンダ

  • 登壇者自己紹介
  • ヘブバンのデジタルマーケティング:プレマーケティング編
  • ヘブバンのデジタルマーケティング:ローンチプロモーション編

第二部 ソリューション紹介

グリーアドバタイジングが提供するモバイルゲーム業界向けグロースコンサルティングと新規インストール獲得ソリューション紹介

登壇:
グリーアドバタイジング株式会社
代表取締役 柴田 直人(しばた なおと)氏

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES