レコチョクアワードの月間最優秀楽曲賞2021年3月度が発表

 レコチョクは、ダウンロードランキングである「レコチョクアワード 月間最優秀楽曲賞2021年3月度」を発表した。

 「レコチョクランキング」では、宇多田ヒカル「One Last Kiss」が初の月間ランキング1位を獲得。同曲は映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』テーマソング。

 一方、「アルバムランキング」はYOASOBI『THE BOOK』が月間ランキングで3カ月連続1位を獲得した。

 

<以下、プレスリリースより引用>

宇多田ヒカル「One Last Kiss」は3月10日(水)のCDリリースに先駆けて3月9日(火)に先行配信された映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』テーマソング。同曲のミュージックビデオ(MV)は、『シン・エヴァンゲリオン劇場版』原作・脚本・総監督の庵野秀明氏が監督を務め、『新劇場版』シリーズ完結編にしてついに実現したコラボレーションにYouTube公開から約12時間で100万回超えの再生を見せるなど、話題を集めました。

週間ランキングでも3月17日(水)週のランキングでは1位を獲得、その初動の勢いを反映して、3月度の月間ランキングでも1位を獲得しました。

MVも、公開後20日間で2000万再生を突破、3月30日(火)からはMVのダウンロード配信もスタート。映画も興行成績連続1位と躍進するなか、「One Last Kiss」は引き続き注目を集めていきそうです。

  

YOASOBIは、コンポーザーのAyaseとボーカルのikuraからなる“小説を音楽にするユニット”。

2019年11月公開の第一弾楽曲「夜に駆ける」がSNSを中心に拡散していくなか、2020年12月には「レコチョク年間ランキング2020」で5位にランクイン。年末には『NHK紅白歌合戦』でのテレビ番組初パフォーマンスが大きな話題を呼び、さまざまな媒体に登場する中、2021年1月6日(水)に初のEPとなる本作がリリースされました。ロングヒットを続ける「夜に駆ける」をはじめ、原作小説がコミック化した「あの夢をなぞって」、原作小説が映画化された「たぶん」、飲料や映像作品とのコラボレーションを果たした「ハルジオン」、ブルボン「アルフォートミニチョコレート」CMソングの「群青」、Google PixelのCMソングとなった新曲「アンコール」など、全9曲を収録しています。3月度もさまざまなジャンルの番組に登場、情報番組でもとりあげられるなど話題になる機会も多く、ダウンロード数を伸ばし続ける要因となりました。

現在、NTTドコモ 新プラン「ahamo」CMソングとなっている新曲「三原色」、3月29日(月)よりOA開始されたフジテレビ「めざましテレビ」新テーマソング「もう少しだけ」など、リリース日未定の楽曲も話題になる中、本作も引き続き注目を集めそうです。

   

【レコチョクアワード月間最優秀楽曲賞】2021年3月度 (2021年4月1日発表)

■レコチョクランキング   
1位:「One Last Kiss」宇多田ヒカル (2021年3月9日配信開始)
2位:「うっせぇわ」Ado
3位:「Luv Bias」Kis-My-Ft2
4位:「夜に駆ける」YOASOBI
5位:「ドライフラワー」優里
https://recochoku.jp/ranking/single/monthly/

■アルバムランキング   
1位:『THE BOOK』YOASOBI(2021年1月6日配信開始)
2位:『One Last Kiss』宇多田ヒカル
3位:『Roar』KAT-TUN
4位:『ぜんぶ知ってる洋楽 -TV編-』ヴァリアス・アーティスト
5位:『Where’s My History?』[Alexandros]
https://recochoku.jp/ranking/album/monthly/

※1.レコチョクランキングとは・・・レコチョクで配信しているダウンロード(シングル、ハイレゾシングル)を合算した総合ランキングです。
※2.アルバムランキングとは・・・レコチョクで配信しているダウンロード(アルバム)を合算した総合ランキングです。
※レコチョクアワードとは・・・対象期間中の対象種別それぞれのダウンロード数を集計し、最も多くダウンロードされた楽曲を表彰するレコチョクオリジナルアワードです。

PickUPs!編集部https://pickups.jp/membership-join/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。 読者会員に登録すると、無料ですべての記事をご覧いただけます。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

Related Articles

Stay Connected

Latest Articles