21年第2四半期、韓国ゲームアプリ市場の25%を中国企業が占める

 Sensor Towerの最新データによると、2021年第2四半期の韓国ゲームアプリ市場の売上高における中国のシェアが約25%に達したことが明らかになった。Bilibiliの『ファイナルギア -重装戦姫-』やテンセントの『白夜極光』などの新作が韓国市場に上陸し、中国のタイトル合計31本が今期の韓国のセールスランキングTOP100に入った。

 全体の売上高が前年同期比20%増の13億7,000万米ドルとなったことは既報の通り。

【関連記事】
21年第2四半期、韓国のセールス&DLランキングで「リネージュ」2作はトップを維持 『二ノ国』は180万DL以上

      

▲2021年第2四半期の韓国における中国製タイトルのセールスランキングTOP20
画像は Sensor Tower の「2021年Q2韩国手游 – 总收入同比增长20%至13.7亿美元,6款中国手游入围畅销榜TOP20」より

 韓国では、合計31本の中国タイトルがセールスランキングのTOP100に入り、合計で2億7,000万米ドル(約295億円)以上を売り上げた。この数値はTOP100の総売上のうち25%を占める割合。

 ランクインしたタイトル数は第1四半期に比べて減少したものの、売上高、シェアともに増加した。韓国市場に進出した中国メーカーがこれまでの経験を活かしたマーケティングを行い、成功率を高めた結果といえる。

 4399のスマホMMO『奇迹之剑 Sword of Miracles』は、推定売上高が約5,000万米ドル(約55億円)で、トップに君臨。広告塔には韓国の俳優、ソ・ジソブ氏や、韓国で活動するロシア人モデル、アンジェリーナ・ダニロワ氏を起用し、CM等を放映している。

▲『奇迹之剑』の韓国版CM。

 『三国志·戦略版』と『ワンパンマン 一撃マジファイト』は、前年同期比183.7%と285.4%の増収となり、3位と5位にランクイン。 中国製の上位6タイトルがいずれも韓国のセルランTOP20に入り、過去最高の数字となった。Sensor Towerはこれを「地元の3N(NCSOFT・Netmarble・NEXON)たちとの頭脳戦へ新たな一歩を踏み出した。」と評価。

▲ 『ワンパンマン 一撃マジファイト』 の広告バナー

 5月末に韓国でリリースされた美少女×クラフトメカRPG『ファイナルギア -重装戦姫-』は、DLランキングで2位、セールスで7位にランクインした。37GAMESのSLG×マッチ3『パズル&サバイバル』(末日喧嚣)は、6月初旬に韓国市場に上陸し、現在も収益面で急成長している。 6月中旬に発売されたテンセントの『白夜極光』は、セールスおよびDLランキングでどちらにもランクインし、安定した人気を見せている。

▲2021年第2四半期の韓国における中国製タイトルのDLランキングTOP20
初登場の『重装戦姫』『白夜極光』『女孩x猎人』はセールス、DLランキング共に上位に位置している。

      

  

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

Related Articles

00:00:16

リズムゲーム『東方ダンマクカグラ』をゲームエイジ総研が調査。“東方Projectらしい音楽”を若年層が支持

・平均デイリーアクティブユーザー数は43.2万人 ・最も多いユーザーは10代男性で3割を占める など

21年8月の中国ゲームアプリ市場、LOLスピンオフ『チームファイト タクティクス』中国スマホ版が好発進

リリースからわずか6日間の収益で、8月の中国App Storeセールスランキングで11位にランクイン。
00:00:55

21年8月の世界ゲームアプリDLトップは『My Talking Angela 2』。ハイパーカジュアルゲームが減少傾向

2021年8月はApp StoreおよびGoogle Play全体で47億DLを記録し、前年同月比で約4%の減少値。

Stay Connected

Latest Articles