【週刊ゲーム動画トレンド】『Identity V』公式チャンネルの世界大会動画が急上昇

 スマートフォンゲームアプリ事業者向け分析ソリューション「LIVEOPSIS(ライブオプシス)」(提供:スパイスマート)では、YouTubeのゲーム関連動画のトレンドを把握できる機能を備えている。主な機能として、アプリゲームに関する人気動画ランキング、ゲームタイトル毎に関連動画を多く投稿しているYouTuberの検知や動画単位の再生推移を追えるなどだ。
 
 本連載「週刊ゲーム動画トレンド」では、LIVEOPSISを活用し、ゲーム公式運営チャンネルの動向やゲーム実況者の動画内容を定点観測し、最新のゲーム動画のトレンドをまとめていく。今回は、2022年4月11日(月)~4月17日(日) の期間について掲載。

 

【公式ch動画トレンドの週間ランキング】
『Identity V』世界大会がランクイン

順位
チャンネル名
動画タイトル
公開日
視聴回数
1
モンスト(モンスターストライク)公式 モンストニュース[4/14]モンストの最新情報をお届けします!【モンスト公式】 2022/4/14 587,159
2
あんスタチャンネル Puffy☆Bunny「パラダイム・リバーシ!」あんさんぶるスターズ!! Music ゲームサイズMV 2022/4/12 403,643
3
プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク 『にっこり^^調査隊のテーマ』3DMVゲームサイズ公開! 2022/1/19 394,829
4
スクウェア・エニックス KINGDOM HEARTS 20th 発表トレーラー 2022/4/10 318,623
5
プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク ビビバスアーカイブ『ジャンキーナイトタウンオーケストラ』/ 小豆沢こはね&青柳冬弥 2022/4/13 304,850
6
『IdentityV 第五人格』公式チャンネル Call Of The Abyss V 決勝トーナメントグループ戦 Day1 (COA V) 2022/4/16 281,955
7
ライフアフター 三周年新衣装記念CM 2022/4/14 272,028
8
『IdentityV 第五人格』公式チャンネル Call Of The Abyss V 決勝トーナメントグループ戦 Day2 (COA V) 2022/4/18 255,902
9
プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク ロウワー/25時、ナイトコードで。×MEIKO 2021/11/9 220,581
10
モンスト(モンスターストライク)公式 【新キャラ】李信α、アナスタシアα、エルマ・ルー&コニィ・ルーα使ってみた!希少なアビリティアンチ転送壁や渾身、ふれた壁面数に応じて威力が増す弾を放つSSを所持!【新キャラ使ってみた|モンスト公式】 2022/4/14 208,900
11
大神万理 【7th Anniversary】Re:vale『Period Color』 Lyric Video #1 2022/4/15 180,461
12
プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク 『88☆彡』(難易度:HARD)プレイ動画を一部公開 2022/4/11 178,836
13
プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク 心予報 / MORE MORE JUMP! × 初音ミク 2022/4/7 173,053
14
プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク アイデンティティ / 宵崎 奏 × 初音ミク 2022/1/10 171,218
15
プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク サラマンダー / 東雲彰人 & 東雲絵名 × 初音ミク 2022/3/12 167,818
16
プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク 『いーあるふぁんくらぶ』3DMVゲームサイズ公開! 2022/3/14 164,297
17
あんスタチャンネル 月刊 あんさんぶるスタジオ!!4月号(MC小野友樹・神尾晋一郎/ゲスト梶原岳人) 2022/4/12 163,108
18
COLOPL CHANNEL 【8周年記念イベント -Episode1-】Fragment Origin PV【白猫プロジェクト NEW WORLD’S】 2022/4/13 162,248
19
プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク シネマ / Vivid BAD SQUAD × KAITO 2021/8/17 161,470
20
プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク トリコロージュ/25時、ナイトコードで。 × 初音ミク 2022/1/29 157,983

※:本ランキングではモバイルゲームの公式動画を抜粋(視聴回数はツール上の表記に準拠)

 今週のランキングでは『モンスターストライク』の動画が1位を獲得したほか、関連動画も10位にランクイン。どちらも最新情報を紹介する動画となっており、既存ユーザーからの注目度が高い様子。

 ランキング常連となる『プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク』は10本の動画がランクインしている。

▲『モンスターストライク』から4月14日の最新情報を紹介するモンストニュース
▲『プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク』からビビバスアーカイブ『ジャンキーナイトタウンオーケストラ』

 ほかにも『ライフアフター』からは3周年、『アイドリッシュセブン』からは7周年、『白猫プロジェクト NEW WORLD’S』からは8周年と、それぞれ周年企画に関する動画がランクインする結果となった。

▲『白猫プロジェクト NEW WORLD’S』の8周年記念イベントPV

 さて、今回のトピックは『IdentityV』から世界大会のライブ配信が6位と8位にランクインしたこと。ランクインした配信は『IdentityV』の世界大会「Call Of the Abyss Ⅴ」決勝トーナメントのDay1、Day2の2つの動画だ(ちなみにDay3まで存在する)。

 同大会は世界6地区から16チームが参加、賞金総額は7,200万円相当という大規模なもので、日本からもeスポーツチームである「SunSister」、「SCARZ」、「AGEHA」が参戦している。

 配信はDay1が8時間以上、Day2は10時間以上という長丁場でありながらも、視聴回数はDay1が28万回、Day2は25万回を記録。日本チームも活躍するということもあってかプレイヤーからの注目度も高いようだ。

▲画像はアプリ分析ツール「LIVEOPSIS」より、2022年3月22日~4月21日の「『IdentityV 第五人格』公式チャンネル」の推移。視聴回数(紫)と投稿数(白棒)。また、『IdentityV』のアプリストアランキング推移(赤:セールス、青:DL)も掲載<クリックすると拡大>
▲画像はアプリ分析ツール「LIVEOPSIS」より。『IdentityV 第五人格』公式チャンネル」において、該当期間の動画コメントで多かった単語が表示されている。今回取り上げた大会動画に関連してか「試合」という単語が最も多かった。そのほか「選手」や「応援する」「優勝」など大会に関連した単語が飛び交っていた。他方、「可愛い」という単語も見られて本作が持つ独特の魅力も垣間見れる。

 同配信によるセールスへの大きな影響は見られないが、決勝トーナメントの開催以降はダウンロード数は増加傾向にある。

 「Call Of the Abyss Ⅴ」はグループ戦が4月21日まで行われ、4月30日からはトーナメント戦が開始される。グループ戦の結果から日本チームが勝ち上がっていることを考慮すれば、同チャンネルの視聴回数は維持され、しばらくの間ランクインの常連となる可能性は高い。

 

【ゲームアプリ動画トレンド(投稿者)】
『Identity V』は立ち回りから学ぶ

 今回は『Identity V』の動画を投稿しているクリエイターに注目。

▲アプリ分析ツール「LIVEOPSIS」より、『Identity V』の動画を投稿する主なクリエイター一覧<クリックすると拡大>。関連アプリの動画を投稿しているクリエイターをさらに調べたい場合は下記のボタンからどうぞ。

 

 2018年7月からサービスが開始されている『Identity V』は中国のNetEase Gamesが提供するモバイル向けの非対称対戦ゲーム。開発には同じく非対称対戦ゲームの『Dead by Daylight』のデベロッパー「Behaviour Interactive」が協力している。

 『Identity V』は対戦型のゲームということもあってか、投稿されている動画は基本的にサバイバー、もしくはハンターの視点を映したプレイ動画が中心。普通にプレイをしているような動画をベースに、新キャラクターの紹介動画なども投稿されていた。

■ ピアソンのゲーム実況チャンネル(登録者数:28.2万人)

■ にゅるい/ルイ幹雄(登録者数:21万人)

のぴ(登録者数:6.12万人)

 『Identity V』の動画を投稿するクリエーターを抜粋してみると、やはりプレイシーンを中心とした動画が多く、視聴者がプレイする際の参考になるような視点に需要があるように感じた。

 特に立ち回りに関する動画には一定の需要があるようで、うまく立ち回れたプレイや新キャラクターの立ち回りを紹介するような動画が人気。また、視聴者がプレイする際の参考に、という点では負け試合のプレイ動画や上位プレイヤーの視点を観戦した動画が投稿されているのも特徴だ。

 プレイヤー同士が対峙し、アップデート等により環境の変わりやすい非対称対戦ゲームでは他者のプレイから良い点を吸収することが重要なのだろう。『Identity V』は現在世界大会が開催中ということで、今後も大会シーンで披露されたプレイを参考にした動画が投稿される可能性も高い。

 なお、直近では『Identity V』に関するPR動画は見られなかった。

 『Identity V』及び、ほかのモバイルゲームの投稿動画(トレンドなど)はLIVEOPSISのYouTube機能から確認できる。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
富士脇 水面(Minamo Fujiwaki)
富士脇 水面(Minamo Fujiwaki)
プラットフォーム問わず、FPSやRPGなど多種多様なジャンルをプレイする雑食ゲーマー。人生を変えたゲームの魅力を伝えるため、WEBメディアを中心に活動中。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES