『師父―Sifu―』発売から3週間で100万本突破 全ユーザーの累計プレイ時間は1,000万時間

 Sloclapは3月2日、同社が提供するPS5/PS4/Windows(Epic Gamesストア)向けソフト『師父―Sifu―』の販売本数が100万本突破したことを発表した。2022年2月8日の発売日から3週間でのミリオン達成となる。

【関連記事】
『師父―Sifu―』発売から4日間で販売本数50万本突破。高難度の本格カンフーアクションゲームは中国でも高評価

 『師父―Sifu―』は高難度かつ本格的なカンフーアクションが特徴のタイトル。倒れると加齢して蘇るユニークなシステムや、カンフー映画へのリスペクトが詰まった演出が世界的に評価されている。公開されたトレーラーでは、各メディアの高評価ぶりもうかがえる。

 発表によると、全ユーザーの累計プレイ時間は1,000万時間を超え、45%以上のユーザーが難易度の高い第2ステージをクリアしているという。同作の第2ステージは最初のステージと比べて道のりの長さ、敵の強さ共に難度が増しており、多くのユーザーが躓くであろう最初の関門となっている。

 SloclapのエグゼクティブプロデューサーであるPierre Tarno氏は、「Sifuがファンやメディアから好評を得ていることに感激しています。私たちは、大好きなカンフー映画に敬意を表し、本格的なカンフーアクションゲームを作ろうと思いました。世界中のファンの皆さんに感謝していますが、特に中国での反響の大きさに身が引き締まる思いです。当社の成功の尺度は、中国でのゲームの評判です。中国のファンは、北米以外の当社の売上高の中で最大のセグメントであり、中国の批評家からの好評価は、当社にとって大きな意味があります。」とコメントしている。

▲50万本達成時のツイートによれば、PC版は中国が最も売れ行きの良い市場となっている

   

 『師父―Sifu―』ではアップデートによって北京語など多言語対応や各種修正を進めているほか、Deluxe Editionの購入者向けに新規衣装を追加していく予定(5月上旬)。公式Twitterでは、更なる追加衣装についてアイデアを募集する動きも見られる。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES