『ディアブロ イモータル』リリース後2週間で2,400万ドル超の売上を記録 一方、中国での配信は延期

 モバイルアプリの市場調査を行うAppMagicによると、『ディアブロ イモータル』がリリースから2週間で、850万以上のダウンロード及び2,400万ドル(約33億円)以上の売上を記録したことがわかった。

 その収益のうち、米国が43%、次いで韓国が23%を占めた。続いて日本が8%、ドイツが6%、そしてカナダが3%となった(執筆時点)。

 「ディアブロ」は「ハック&スラッシュ」と呼ばれるジャンルの草分け的存在のシリーズ。敵を倒して装備を入手し、ダンジョンを攻略してさらに強い敵に挑むという、戦闘に重きを置いたループ性の高いプレイ体験が特徴的。

 その中で『ディアブロ イモータル』は、Blizzard EntertainmentがNetEaseと共同開発する、シリーズ初のモバイル向けMMOARPG(PCでもリリース)。最大48人のレイドなど多人数同時参加のコンテンツやガチャ要素が組み込まれている。

 米国を中心としてグローバルでの展開に成功している同作だが、オランダ、ベルギーといった地域ではルートボックス(ガチャ)に関する法律により、リリースされていない。

 また、共同開発のNetEaseが本拠を置く中国においても、当初6月19日にリリースが予定されていたところ、配信の延期が決定されている(お知らせ)。延期の理由は「ゲームの最適化」のためとしており、具体的な配信時期は未定。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES