『モンスターハンターライズ』が全世界で1,000万本を突破 大型拡張コンテンツ『サンブレイク』は発売5日で200万本突破

 カプコンは7月5日、Nintendo Switch/PC(Steam)向けハンティングアクション『モンスターハンターライズ』について、全世界での販売本数が1,000万本を突破したことを明らかにした。Nintendo Switch 版が2021年3月に発売されてから、約1年4ヵ月での大台達成となる(Steam版は2022年1月発売)。

 また、6月30日に発売された『モンスターハンターライズ』の大型拡張コンテンツ『モンスターハンターライズ:サンブレイク』も全世界の販売本数が200万本を突破。これらを記念して、7月7日から2つのアイテムパックを配信開始する予定となっている。

 昨今のカプコンはデジタル販売を主軸とした事業戦略のもと、PC向け販売を強化。販売地域の拡大と既存タイトルの長期販売を実現し、「モンスターハンター」シリーズをワールドワイドに売れるIPへと成長させることに成功している。

 なお投資家向けに公開されているミリオンセールスタイトルの一覧によると、2022年3月31日時点で1,000万本を突破しているカプコンの他タイトルは『モンスターハンター:ワールド』(1,800万本)、『バイオハザード7 レジデント イービル』(1,080万本)の2タイトル。

 特に『モンスターハンター:ワールド』に関しては、大型拡張コンテンツの『モンスターハンターワールド:アイスボーン』も920万本を販売している。このことから、『モンスターハンターライズ:サンブレイク』に関しても息の長いセールスが期待できる。

【関連記事】
『モンスターハンターライズ』全世界800万本を突破。PC版の発売によりグローバルでのユーザーベースが順調に拡大

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES