韓国版『ウマ娘』、Google Playでもセールスランキング1位を獲得 サポートカード「SSRキタサンブラック」が実装

 カカオゲームズは7月26日、同社が現地でパブリッシングを行う韓国版『ウマ娘 プリティーダービー』について、Google Playのセールスランキングで1位を獲得したことを明らかにした。これを記念して、ゲーム内では1500ジュエルを配布している。

 韓国版『ウマ娘 プリティーダービー』は今年6月20日にリリースされると、初日にApp Storeのセールスランキングで首位を獲得。一方のGoogle Playは、リリース初週に記録したセールスランキング2位がこれまでの最高記録だった。

 今回、Google Playのセールスランキングで1位を獲得したタイミングでは、新衣装の育成ウマ娘「★3トウカイテイオー」と「★3メジロマックイーン」に加え、新たにサポートカードとして「SSRキタサンブラック」、「SSRサトノダイヤモンド」が実装。

 特に「SSRキタサンブラック」は、ウマ娘を育成する際に有用なサポートカードとして日本国内でも人気を博したカードであるため、今回のセールスランキング上昇にも寄与したものと考えられる。リリースから1ヶ月が経過した韓国版『ウマ娘 プリティーダービー』だが、まだ勢いは衰えていないようすだ。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES