Epic GamesとLEGOグループが長期的なパートナーシップを締結 ファミリー層をターゲットにしたメタバース開発を目指す

 Epic GamesとLEGOグループは、ファミリー層をターゲットにしたメタバース開発を目的に、長期的なパートナーシップを締結したことを発表した。Epic Gamesは2020年にイギリスのアドテク会社「SuperAwesome」を買収しており、「Kid ウェブサービス」(KWS)をはじめとしたプライバシー保護技術をメタバース開発にも活用していく方針でいるのだろう。

 両社は、今後開発するデジタルスペースを安全に提供できるよう、①安全性とウェルビーイング(幸福)を優先し子どもたちの遊ぶ権利を保護すること、②子どもの利益を第一に考え子どものプライバシーを保護すること、③子どもや大人がデジタル体験をコントロールできるようなツールを提供しその能力を高めることの3つの原則に合意していると報じられている。

 レゴグループは、ユニセフと共同で「デジタル・チャイルド・セーフティ・ポリシー」を策定し、2016年に初の子ども向けソーシャルアプリを発表するなど、子どもたちにとっての安全な設計のデジタル体験を提供することを目的に掲げてきた。

 同社のゲーム作品といえば、4月5日に『レゴ スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ』がリリースされたばかり。それ以前にも『LEGO ワールド 目指せマスタービルダー』(2017)や『LEGO ニンジャゴー ニンドロイド』(2016)など数多くのゲームタイトルをリリースした実績があり、メタバースタイトルとしての相性も抜群だろう。

 Epic Gamesが先日発表したゲームエンジン「Unreal Engine 5」についても、今後どのようにメタバース開発に関わってくるのか気になるところ。Epic GamesとLEGOグループとの提携により、今後メタバース関連の情報がさらに活発化していくことになりそうだ。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
島中 一郎(Ichiro Shimanaka)
島中 一郎(Ichiro Shimanaka)https://www.foriio.com/16shimanaka
ライター。ゲーム・アニメ業界を中心にニュース記事の執筆、インタビュー、セミナー取材などマルチに担当。ボードゲームが趣味であり、作品のレビューや体験会のレポートを手掛けるほか、私生活で会を催すことも。無類のホラー好き。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES