サウジアラビア政府系ファンドPIF、任天堂の株式5.01%を保有 日本ゲーム企業への投資が活発に

 サウジアラビアの政府系ファンド、パブリック・インベストメント・ファンド(PIF)は5月18日、任天堂株式を5.01%保有していることを発表した。これは同日、財務省に提出した大量保有報告書により明らかになったもの。

 報告書によると、大量保有開示制度に基づいた報告義務の発生日は11日で、保有目的は「純投資」であると記載。任天堂の発行済株式の総数は1億2986万9000株であり、その5.01%に相当する650万9100株を取得した形だ。

 金融庁が所管するEDINETを用いて確認できる範囲では今年、PIFはほかにカプコンの株式における6.09%、コーエーテクモホールディングスの5.03%、ネクソンの9.14%を保有していることを報告。

 また、PIFの取締役会長を務める同国のムハンマド皇太子は、自ら設立したMiSK財団のElectronic Gaming Development Company(EGDC)を通じてSNKの株式の96.18%を保有している(SNK株式公開買い付けの報告)。

 近年、サウジアラビアによるゲーム業界への投資が活発になっている。加えて、同国のゲーム市場2021年、10億ドル以上の規模にまで成長しており、注目の成長地域となっている(関連記事)。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES