中国で『One Piece: The Dream Pointer』(航海王:梦想指针)発表 NUVERSEが配信しYesGamesが開発を手掛ける

 中国において、東映アニメーションのアニメ「ONE PIECE」(ワンピース)のライセンスを受けた新作ゲーム『One Piece: The Dream Pointer』(航海王:梦想指针)が発表された。4月1日より、bilibili游戏などで事前登録ページが公開されている(PVは外部リンクから視聴できる)。

 『One Piece: The Dream Pointer』は、集英社・週刊少年ジャンプの人気連載漫画「ワンピース」のアニメ作品を原作に、「3Dインタラクティブアドベンチャーゲーム」と銘打たれたタイトル。公開された映像や画像からは、原作に登場するロケーションのひとつ、シャボンディ諸島に加え、数々の原作再現シーンが確認できる。また、縦画面となる。

▲PVのスクリーンショット
▲PVのスクリーンショット
▲PVのスクリーンショット
▲PVのスクリーンショット

 同作のパブリッシングはByteDance 傘下のNUVERSE(朝夕光年)が担当し、開発はYesGames(广州叶游)が手掛ける。

 NUVERSEはほかに『フィギュアストーリー』や『プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク』繁体字版・韓国版なども配信。一方のYesGamesは過去にも「ワンピース」や「ドラゴンボール」などのアニメIP作品を手掛けたことのあるゲーム開発スタジオとなっている。

 詳細なゲームシステムや、日本での展開についてはまだ不明だが、直近では「七つの大罪」を題材にした新作モバイルゲームが韓国で開発されている。今後も国産IPが海外企業の手により高品質なゲームタイトルとして開発され、日本に(ある意味)逆輸入してくるケースは増えていく可能性は高い。

【関連記事】
韓国ネットマーブル、最新作『七つの大罪 オリジン』の映像を初公開。マルチプラットフォームで配信、リリース日は未定

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES