YouTubeで「ねこあつめ にわさきライブ」テスト配信中。1,900万DLの大ヒットアプリに再び注目が集まる

 ヒットポイントは、同社が提供するスマートフォン向けアプリ『ねこあつめ』の公式Youtubeチャンネルにおいて、「ねこあつめ にわさきライブ」の生配信を実施中。2021年12月24日に突如始まったこの試みは、2022年1月18日現在も継続して実施されている。

▲該当ツイートのリンク先は終了された配信となり、現在は新しく配信が行われている。

 

 『ねこあつめ』は、ゴハンとグッズを置いておき、庭先に訪れたねこたちをひたすら眺めて癒されることを目的としたカジュアルなゲーム。2014年にリリースされると、これまでに1,900万DLを達成した。ほか、グッズ販売、実写映画化、VR作品化などの展開を行っている。

 過去に「リアルねこあつめ」企画などを行うことはあったものの、同作がYoutube上で本格的に活動することはなかった。

 

 「ねこあつめ にわさきライブ」は今のところテスト配信とされており、実際に今後プロモーション戦略としてYouTubeを活用していくのかは不明。ただ、配信には『ねこあつめ』が持つ“ただ眺めて癒される”という魅力が詰まっているため、にわさきライブには常に200~300人前後の視聴者が集まっているようだ。

 

 昨年、ナミブ砂漠の人工池を映すライブカメラが話題になるなど、作業の片手間に流すBGM目的や、リラクゼーション目的でYouTubeを利用するユーザーも多い。

▲画像はYoutube「Namibia: Live stream in the Namib Desert」より。日本人も多く視聴するライブカメラ。

 そうしたユーザーが「ねこあつめ にわさきライブ」にたどり着くことでアプリの新規流入、休眠ユーザーの復帰にも一定の効果が見込めるかもしれない。

 今回の取り組みが『ねこあつめ』のブランディングに繋がるか、今後の動向に注目だ。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES