『FGO』開発・運営のラセングル始動。社名は奈須きのこ氏が命名

 ラセングルは、ディライトワークスよりゲーム事業を承継し、2022年2月1日より始動したことを発表した。また、ディライトワークスからアニプレックスへラセングル全株式の譲渡が完了したとのこと。

【関連記事】
アニプレックスが『FGO』等のディライトワークスのゲーム開発事業を買収。その狙いとは

 ディライトワークスの『Fate/Grand Order』を始めとしたゲーム事業の開発・運営メンバーは、ラセングルとして引き続き開発・運営を行っていく。なお、『Fate/Grand Order』のゲーム内では、事業継承を記念して有料アイテムの聖晶石×10 個をプレゼントした。

 ディライトワークスで公開していた社長ブログは、引き続きラセングルのコーポレートサイトで連載を続ける。第6回目では、ラセングルの名付け親である奈須きのこ氏(TYPE-MOON、FGO 総監督)より寄稿メッセージが掲載されている。

社長ブログ:小野義徳の『社長の机』

 

■株式会社ラセングル概要
会社名 株式会社ラセングル(Lasengle Inc.)
所在地 〒153-0042 東京都目黒区青葉台三丁目 6 番 28 号
代表者 代表取締役社長 小野義徳(おの よしのり)
設立 2021 年 12 月
資本金 10,000,000 円
株主構成 株式会社アニプレックス 100%

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部
PickUPs!編集部https://pickups.jp/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES