ブロックチェーンゲームスタジオMythical Gameが韓国大手カカオゲームズと提携

 米国に本拠を置くブロックチェーンゲームスタジオMythical Gamesは、韓国のパブリッシャー・カカオゲームズと提携したことを発表した。

 Mythical Gamesは「Play to Own」(プレイして所有する)を掲げ、ブロックチェーン技術を活用したWeb3.0ゲームのエコシステム構築に必要なツールを提供しているゲームテクノロジー企業。

 これまでに、アメリカのプロアメリカンフットボールリーグであるNFL(ナショナル・フットボール・リーグ)と提携し、リーグ初となるブロックチェーンベースのゲームをリリースすることも明らかにしている。

 一方、Kakao Gamesは韓国での『PUBG』販売や『ウマ娘 プリティーダービー』の配信(今年6月20日リリース予定)など、オンラインゲーム・モバイルゲームのパブリッシングを手掛ける企業。関連会社にBORANETWORK(BORA)を持ち、ブロックチェーン技術を基盤とするゲームのエコシステムにも注力している。

【関連記事】
カカオゲームズが韓国版『ウマ娘 プリティーダービー』に期待感を示す 事前登録者数はわずか10日間で100万人突破

 Mythical Gamesは今後、BORAが持つブロックチェーン技術を統合およびサポートするとともに、BORAのノードバリデータ(ブロックチェーン上の取引が正しいかを検証する役割)およびガバナンス委員会に参画することで、両社のアジアにおける拡大を牽引していくという

 以下、提携に際した関係者のコメントを掲載。

Mythical Games 共同創業者 Rudy Koch氏

BORAのノードバリデータおよびガバナンス委員会に参画することになり、とてもうれしく思っています。私たちはBORAを次世代ブロックチェーンとしてだけでなく、韓国のWeb3.0にエンターテインメントをもたらすリーダーとして見ています。2022年初めに韓国・ソウルに進出したことで、私たちはこの地域のリーダーと戦略的に連携することを強く望んでいます。

BORANETWORK CBO Young-joon Lim氏

Mythical Games と協業できることを嬉しく思うとともに、BORA への参画を歓迎します。Mythical Gamesは、”Play-and-Own”ゲームエコノミーを構築するWeb3.0においてパイオニアかつ先見者です。それぞれのプラットフォーム間の相乗効果を生み出すために、クロスプロモーションの機会やコラボレーションの可能性を探ってまいります。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES