『図解即戦力 ゲーム業界のしくみと仕事がこれ1冊でしっかりわかる教科書』岡安学

この本の概要

幼い頃から気がつけばゲームばかりしていた。どうせ仕事をするのなら、ゲームに関連した仕事をしてみたい。そんなことを考える人は意外と多いと思います。しかし、一概にゲーム関連の仕事といっても、細分化が進んでいて、多種多様な仕事が存在しています。

本書では、ゲーム業界で働いてみたいという人を対象に、ゲーム業界の現状から、仕事の種類、お金を稼ぐ方法など、ゲームに関わる仕事の基本を一通り理解できるようにします。

 

目次
  • Chapter 1 数字からゲーム業界の“いま”を把握する
    • 01 成長を続けるゲーム市場
      ゲーム市場は20兆円規模へ! 成長著しい海外市場が牽引
    • 02 変化を続ける勢力図
      成長を牽引するモバイル市場と転機を迎える家庭用ゲーム機市場
    • 03 ハードとソフトの著しい進化
      技術の進化とともに主役になったモバイルゲーム
    • 04 記録的な大ヒット
      Nintendo Switchで盛り返しを見せる家庭用ゲーム機市場
    • 05 アジア地域で高い浸透度
      eスポーツで人気再燃 海外に強いPCゲーム市場
    • 06 二極化するゲーム開発のコスト
      右肩上がりの制作コストでマルチプラットフォーム化が促進
    • 07 ゲームの好みもグローバルに
      地域ごとのジャンル嗜好性は徐々にボーダーレス化
    • 08 国際的な期待感とは裏腹に
      14億人を抱え躍進する中国市場 今後は規制との戦いに
    • 09 ヒットメーカーは争奪戦に
      買収額7.9兆円! 大企業に集約されるゲームメーカー
    • 10 老若男女を問わず楽しめる文化に
      「大人も楽しめるエンターテインメント」へと進化するゲーム
  • COLUMN 1 携帯ゲーム機の歴史とモバイルゲームの台頭
  • Chapter 2 ゲームでどうやってお金を稼ぐのかを知る
    • 01 販売店が抱える在庫リスク
      音楽や書籍とは似て非なるゲームソフトの流通
    • 02 充実した追加コンテンツが魅力
      買い切り型のソフトでもDLCで継続的な課金を促す
    • 03 課金ユーザーによって支えられる
      基本無料で追加コンテンツへの課金を促すフリーミアムモデル
    • 04 「サブスク」の波はゲームにも
      定額でいろいろなゲームを遊べるサブスクリプションモデル
    • 05 画像を表示するだけでも収益に
      広告モデル① 広告の表示・クリックで収益を獲得する
    • 06 ゲームで商品を宣伝
      広告モデル② コラボコンテンツでプロモーションを行う
    • 07 利益を生み出すeスポーツ
      大会運営+放映権販売で収益を確保するイベント運営モデル
    • 08 人気IPはソフト以上の利益をもたらす
      ゲームからグッズ・施設への展開で収益を確保するキャラクタービジネス
    • 09 多彩な展開で利益を拡大
      他媒体でのゲーム化でさらなる収益を確保する
  • COLUMN 2 繰り返されてきたゲーム会社の買収や合併
  • Chapter 3 ゲーム業界にかかわる主要な企業と役割
    • 01 メーカーによってかかわり方が異なる
      ゲーム機開発メーカーとゲーム開発会社の関係
    • 02 歴史ある3社が並び立つ
      任天堂,ソニー,MSの3強がせめぎ合う家庭用ゲーム機市場
    • 03 ゲームを「売る」企業
      企画から宣伝・流通・販売まで行うパブリッシャー
    • 04 グローバル化する役割
      国内・海外の主要パブリッシャー
    • 05 ゲームを「作る」仕事を担う
      ゲームの開発を担当するデベロッパー
    • 06 無数のメーカーが世界中で活躍
      国内・海外の主要デベロッパー
    • 07 「ゲームの集まる場所」の存在価値が上昇
      ダウンロード購入による新しいプラットフォーマーの台頭
    • 08 リリースされるアプリをチェック
      Apple,Googleが支配するスマートフォンゲーム市場
    • 09 メーカー独自のプラットフォームも増加
      Valveの「Steam」が圧倒的に強いPCゲーム市場
    • 10 遊戯施設の存在が不可欠
      ゲームセンターやぱちんこなどの業務用機器・ソフトの開発会社
    • 11 ゲームソフトを作るためのソフト
      ゲームエンジンとミドルウェアとは
    • 12 より遊びやすい環境を追求する
      周辺機器のハードウェアを開発するサードパーティ
    • 13 関連企業の範囲が拡大
      その他のゲーム関連ビジネスに携わる企業
  • COLUMN 3 専門企業が得意分野でゲーミングデバイスに参入
  • Chapter 4 ゲームを“作る”仕事と組織(クリエイティブ系)
    • 01 ゲーム開発の現場
      ゲームソフトを作るための組織体制
    • 02 求められるスキルを磨いて業界へ
      ゲームクリエイターになるための主な3つのルート
    • 03 専門性を追求することも可能
      柔軟に構築できるゲームクリエイターのキャリアパス
    • 04 タイトルの「顔」となる責任者
      プロジェクトの指揮を執るプロデューサー
    • 05 クリエイターに寄りそう立場
      ゲーム制作の現場を監督するディレクター
    • 06 企画段階から完成まで貢献
      ゲームの仕様と制作進行を管理するプランナー
    • 07 見た目を左右するアート職
      ゲームのあらゆるビジュアルを司るデザイナー
    • 08 音楽センスが必要なサウンド職
      音楽・効果音・音を作るサウンドクリエイター
    • 09 ゲームクリエイターの代表例
      仕様をゲームに落とし込むプログラマー
    • 10 使いやすい機構を考案する
      ハードウェアの開発を担当するエンジニア
    • 11 ゲームの仕上がりに欠かせない
      ゲームにバグがないかチェックするテスター
  • COLUMN 4 1人でもゲームが作れる! 『UNDERTALE』が生まれた経緯
  • Chapter 5 ゲームを“売る”仕事と組織(マーケティング系)
    • 01 ゲーム会社の組織体制
      ゲームを届け,支える組織体制
    • 02 営業職の業務内容
      流通からライセンスビジネスまで多彩な仕事が求められる営業職
    • 03 マーケター職の業務内容
      データを分析してゲームとユーザーを繋ぐマーケター
    • 04 宣伝広告職の業務内容
      周囲を巻き込んでゲームを広める宣伝広報
    • 05 運用・保守の業務内容
      楽しく快適なゲーム環境を作る運営・運用保守
    • 06 法務職の業務内容
      法律でゲームと会社を支える法務
  • COLUMN 5 ゲームを伝え,深く知る仕事
  • Chapter 6 ゲームをすることが仕事になるeスポーツ&ストリーマー
    • 01 高い成長率が予測される
      世界のeスポーツ市場規模はおよそ9億ドル
    • 02 放映権料も増加傾向
      スポンサー料が収益の大半を占める日本のeスポーツ
    • 03 広告効果が大きなポイント
      スポンサーとプロeスポーツ選手の関係とお金の流れ
    • 04 精密な射撃操作を競う
      eスポーツの人気ジャンルとタイトル:FPS
    • 05 緻密な作戦とチームプレイが魅力
      eスポーツの人気ジャンルとタイトル:MOBA
    • 06 目にもとまらぬ「コンボ」で敵を倒す
      eスポーツの人気ジャンルとタイトル:格闘ゲーム
    • 07 デッキ構築力と対応力のぶつかり合い
      eスポーツの人気ジャンルとタイトル:カードゲーム
    • 08 スポーツゲームとの親和性に魅力
      白熱するスポーツ競技団体とeスポーツのコラボレーション
    • 09 タレント化するプロ選手たち
      プロモーションの役割も果たすプロゲーマー
    • 10 「ゲームで稼ぐ」の新しい形
      “投げ銭”と“広告収入”で稼ぐストリーマー
    • 11 進む周辺制度の整備
      プロライセンスを発行するJeSUとライセンスの意義
    • 12 プロになるための道筋を示す
      職業の選択肢としてのeスポーツと教育ビジネス
  • COLUMN 6 その他のeスポーツのジャンルとは?
  • Chapter 7 ゲームに関連する法律と自主規制
    • 01 日本では「CERO」が審査
      暴力・性表現を業界で自主的に審査・規制する
    • 02 「コンプガチャ」が社会問題に
      景品表示法によるコンプリートガチャの規制
    • 03 問われる健全な課金のあり方
      マイクロトランザクションに対する法的規制の検討
    • 04 仮想通貨の取り扱いに注意
      オンラインゲームのゲーム内通貨と資金決済法
    • 05 賞金を「仕事の報酬」とみなすか否か
      景品表示法で規制されるeスポーツの大会運営
    • 06 大会運営で注意すべき点
      賭博罪・風営法で規制されるeスポーツの大会運営
    • 07 著作物を脅かす違法なソフト
      海賊版問題への対策と著作権法の改正検討
    • 08 IPはどの範囲まで法律で守られるのか
      他社のキャラクターを借りる場合の知的財産権
    • 09 ゲームに上映権は適応される?
      イベントでゲームを利用する場合の著作権問題
    • 10 ガイドラインに沿った対応が重要
      ゲーム配信の著作権問題と柔軟な姿勢を見せるゲームメーカー
    • 11 アイデアを守る特許とゲームの関係
      ゲームの仕様や表現方法を法律で守る特許法
    • 12 企業の信用に関わるポイント
      個人情報保護法で定められる利用者情報の取り扱い
    • 13 トラブルを未然に防ぐために
      不正な使用を防ぎゲームを守る利用規約
  • COLUMN 7 ゲームの「頒布権」を巡る「中古ゲーム訴訟」
  • Chapter 8 ゲーム業界が抱える現状の問題点と今後の展望
    • 01 世界的ヒット作も多数誕生
      少人数でゲームを開発するインディーゲームの興隆
    • 02 ゲーマーの健康を守るために
      プレイヤーの健康問題と地方自治体の条例
    • 03 多方面で注目の映像技術
      ARゲームの人気で期待されるファン層の拡大
    • 04 よりリアリティある表現を追求
      VR/MRの活用による新しいゲーム体験の開発
    • 05 高速通信がゲームに与える影響は
      5Gによるネット通信高速化でさらなるリッチコンテンツ化へ
    • 06 気軽に多数のゲームが楽しめる
      クラウドゲーミングで下がるPCゲームのハードル
    • 07 ゲームでフレイル予防を
      身体に負担をかけないゲームで障がい者,高齢者層への普及
  • COLUMN 8 いま注目を集める「メタバース」とは?
著者プロフィール

岡安 学 (オカヤス マナブ) (著/文)
eスポーツを精力的に取材するフリーライター。ゲーム情報誌編集部を経て、フリーランスに。Webや雑誌で活動中。近著に 『みんなが知りたかった最新 e スポーツの教科書』(秀和システム刊)@digiyas

書籍情報
  • 発売日:2022/09/17
  • 出版社: 技術評論社
  • サイズ:A5判/192ページ
  • ISBN:978-4-297-13016-9
  • 価格 :定価1,980円(本体1,800円+税10%)

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部
PickUPs!編集部https://pickups.jp/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

PickUP !

Related Articles

書籍「はじめて学ぶ ビデオゲームの心理学」12月13日発売 著者は『フォートナイト』等のUX開発に携わった人物

本書はビデオゲームに関心をもつ初学者向けに、ゲームプレイにおける脳のはたらきとユーザー体験(UX)の基礎、ゲームの功罪および開発者倫理を説く。

Stay Connected

TOP STORIES