2022年、最もダウンロードされたモバイルゲームは『Subway Surfers』 TikTokでの拡散や中国での影響力拡大で成長続く

 

 モバイルアプリの市場調査を行うAppMagicは、 2022年に最もダウンロードされたモバイルゲームを明らかにした。同社のデータに基づいて、mobilegamer.bizが報じている。

 2022年、最もダウンロードされたモバイルゲームはSYBO Gamesの『Subway Surfers』となり、2億8400万DLを集めた。広告を含む収益は1600万ドル(約20億9,700万円※)となっている。

▲『Subway Surfers』

 同作は2012年のリリースから運用10年を超えたタイトルだが、TikTokへの広告出稿、およびテンセント傘下Miniclipに買収されたことによる中国でのプレゼンス向上により、多くのユーザーにリーチ。今なお成長を続けているようだ。

※執筆時点の最新取引レートで計算

▲画像はmobilegamer.bizより

 次点の『Garena Free Fire』は2億6200万DLを記録し、モバイルで最もダウンロードされたバトロワ系タイトルとして、『PUBG Mobile』の1億200万DLに大きく差を付けた。

 しかしその一方、『Garena Free Fire』は収益性の面で『PUBG Mobile』に遠く及んでいない。2022年、『PUBG Mobile』の収益が17億ドル(約2,230億円)の巨額であることに対し、『Garena Free Fire』は4億4300万ドル(約581億円)となっている。

 Kitka Gamesの『Stumble Guys』は、2億2000万DLで3位にランクイン。『Stumble Guys』は、パーティゲームとして地位を確立しているマルチプレイアクション『Fall Guys: Ultimate Knockout』を模倣し、モバイル向けにリリースされた作品。2022年9月には、米Scopelyによる買収が発表された。

【関連記事】
Scopely、フィンランドの開発会社Kitka GamesからマルチプレイACT『Stumble Guys』を買収 

 そのほか、『Roblox』、Kingの『キャンディークラッシュ』などが過去最高のDL数を記録しつつ続いている。また、ギリギリ圏外となった『FIFA MOBILE』(11位)はカタールW杯の効果もあり、1億900万DLを記録した。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES