ソニー、Epic Gamesへ追加の約1,250億円を戦略的出資 過去2回より大規模な出資に

 ソニーグループは4月12日、同社の完全子会社である Sony Corporation of America を通じて、Epic Gamesへの約10億米ドル(約1,250億円)の追加戦略的出資を行うことを発表した。

 2020年7月10日に発表したEpic Gamesへの250百万米ドル、および 2021年4月14日の200百万米ドルに続く出資となり、過去最大規模のものとなった。

 この追加出資を通じて、ソニーは「両社の協業領域をさらに拡大・深化させ、エンタテインメント領域を中心に新たな価値創造につながる機会の探索をより一層推進していきます。」とコメントしており、Epic Gamesの長期ビジョンでもあるメタバースの構築に向けた動きが加速するものと見られる。

【関連記事】
ソニーがEpic Gamesへ追加の約220億円を戦略的出資
Epic GamesとLEGOグループが長期的なパートナーシップを締結 ファミリー層をターゲットにしたメタバース開発を目指す

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES